● ペダルのタイミング

 

ペダルを踏む、という課題が出たので、

楽譜に指示のある所で、
ペダルを踏めるように練習してきましたよ。

ペダルを自由に踏めるようになると別です。

そうなるまでは、

「ペダルを踏む(入れる)」と言うのは、

結構、一大事件です。

大きな、作業です。

一つ、負担が増える感じです。

 

だから、「踏めるようになる」と言うのは、

一つのハードル越えです。

 

さて。

その最初のハードルを越えられたらね、

響きに意識を持っていきたいね。

ペダルは、綺麗に響かせる事を助けるモノ。

綺麗に響かないなら、ペダルは入れない方がいい。

けれど、最初から綺麗になんて踏めなくていい。
と言うか、最初から出来る人なんて、いない。

少しずつ、気をつけていければいい。

まずは「踏む」「踏んでみる」事だったから。

次はね、聴いてみるの。

音、綺麗かしら?
響き、綺麗かしら?

 濁ってない?

濁ってるって、どんな響きになっているんだろう?
濁っていなかったら、どんな響きになっているんだろう?

ペダルを踏む記号って、
楽譜によって、ちょっと書き方が違います。

とっても親切に書かれているものも、
あるけれど、
大抵は楽譜のレイアウト、
小節の配分とかで、
あんまり うまく書かれていない(置かれていない)。

だけど、見る方は、

「そこにペダルの指示が書かれているから」

と、そのタイミングで踏もうと、頑張る。

打鍵と同時にペダルを踏むと、
前の音の響きを拾ってしまうから、
濁ってしまう。

前の音を拾わないタイミングを、探してみよう。

 

いろいろやったら良いのだけど、
なんと、1回でそのタイミングを測って
出来るようになりました♪

嬉しかった〜。

 

ペダルのタイミングは、
自分でいろいろ試して、
耳で聴いて、感覚を知るところから。

 

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師

香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。