● 最後まで、気遣う

 

2音スラーが続くフレーズ。

2音スラーの打鍵は、それだけを取り出せば、
難しいとは言えないかも、しれません。

でも、このように、ずっと続く上に、
それが速いとなると、

次第に自由が効かなくなってきます。

指遣いを考える。
どの指の組み合わせで弾いていくのか?

ポジション移動をどのようにしたらいいのか?

打鍵の動きが大きくならないようにするには、
どうしたらいいのか?

上腕が固まらないようにするには、
どうしたらいいのか?

何より全ての音に、
気を遣い続けるには、
どこを聴いたらいいのか?
どこを意識したらいいのか?

こんなフレーズで、音がダマになったり、
欠けやすいのは、
降りてくる「終わりの音」です。

例えば

「ラソ ソファ ファミ ミレ

「ラソ ソファ ファミ ミレ

「レド ドシ シラ ラソ

終わりの2音、です。

 

でも、ちゃんと最後まで気遣っていないと、
最後まで聴いてあげられないと、
自分がどんな風に弾いているのか すら、
気付かない。

 

最後まで、気遣うコトを、意識してみましょう。

そこから、突破口が見えてくる!

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師

香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。