● 半音階とは?どういう意味でしょう?

 

以前、メルマガに

半音階でメロディが紡がれる時というのは、
とても深い意味がある場合

 =重要な所です。

と書きましたら、以下のようなメッセージを頂きました。

半音階で音をつなぐ部分の重要性というのは、

音楽的な部分で という事だと思うのですが、

半音階という事に何か特別な意味、或いは

決まりごとのようなものがあるのでしょうか?

半音階のスケールを聴くと、なんとなく不思議な感覚がします。

とても素晴らしい事を感じておられるな、と思いました。

「半音階」の前に、<半音>とは何? 

というところから お話ししましょう。

これは、音の幅(音程)を表す言葉の一種です。

ピアノの鍵盤を見て頂いて、
「ドとレ」や「レとミ」などの音の幅の事を「全音」と言います。

でも、「ミとファ」の音の幅は「半音」と言います。

いずれも白鍵(白い鍵盤)の音である事は同じですが、

「ドとレ」「レとミ」VS「ミとファ」は、違う所があります。

鍵盤をよーっく見て頂くと お気づきになるかと思うのですが、

「ドとレ」「レとミ」は、それぞれの音の間に
黒鍵(黒い鍵盤)が一つありますよね?

しかし、「ミとファ」の間には黒鍵はありません。

普段「ドとレ」は隣同士の音、と思っていますが、

「ド」のすぐ隣の鍵盤は、
「ドとレ」の間にある黒鍵「ド#」であり「レ♭」です。

この場合の、

「ドとド#(レ♭)」の音の幅の事を「半音」と言います。

「ミとファ」や「シとド」は、間に黒鍵がありませんね。

すぐ隣の音です。

ですから

「ミとファ」「シとド」の音の幅関係も「半音」と言います。

*「全音」は、「半音+半音」という事になります。

 (「ドとレ」=全音・・・→

   <「ドとド#(半音)」+「ド#とレ(半音)>=

     半音+半音=全音)

 

 

 

さて、では「半音階の意味」、本題です。

頂いたメッセージにもありますように、

「半音階を聴くと、不思議な感覚になる」

ロックバンドのギタリストさんが、ギター・ソロで

うぃんうぃーん~~!と音を少し下げては戻す、
という弾き方をする事があるでしょう。

やはり、独特の響きがしますよね。

半音移動って、脳が少しよじれて、
時間の感覚がズレたまま
階段を昇降するような感じにさせられます。
(ちょっと貧血状態?めまいがしているような、不安な状態)

その独特な響きを利用する、
その効果を狙っているところも、大きいと思います。

バッハの作品において

「低音部が半音階で下降する時、それは

 キリストが十字架に貼付けられる嘆きのモチーフ」

として使われている事、あります。

バッハの作品は、教会の毎日の行事のために作られていましたから、
全てがそうとは言いませんが、
キリストの事を想って半音階に表したフレーズは、登場します。

また、バッハはその後の全ての作曲家に
大きな影響を与えて来た・与え続けている
と言っても過言ではないと思います。

 

 

半音階は私の中では、半音ずつ、

「用心深く昇る(降りる)」

   というイメージがあります。

 

例えば、普通に長調の音階、ハ長調を見ますと、

「ドレミファソラシド」

これらの音の中で、半音の関係にあるのは、

「ミとファ」、そして「シとド」です。

ハ長調の場合、ハ=ドが主音ですね。

「シ」は、主音「ド」へ導く音、という「導音」と言います。

「導音」は、不安定な響きを持っているため、

[「主音」へ行きたがる(解決したがる)]性格を持っています。

この事を考慮すれば、「半音階」と言うのは、
その全ての音が常に、そして非常に不安定であり、
その音だけでは(一人では)立っていられない
   ・・・ような状態なのだと考えられます。

例えば、映画を見ている時に、
ドキドキハラハラするような場面がありますよね。

息を呑んで展開を見守ってしまうような。

 

それに似たようなものではないかな?
  と思います>半音階の意味。

 

 

※ この記事は、メールマガジンの過去の記事を
  加筆訂正しております。

メールマガジンはこちらです。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師

香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。

香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。

ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。