● 捉え方を考えてみる

 

それぞれの和音を、掴むことだけに、
追われがちなフレーズ。

本当は、とっても素敵なのだけれど、
それは、わかっていても。

いざ弾くとなると、

 うっうっ・・・
 どうして、こんなに臨時記号多いのん???

もう、正しい音を押さえてるのか、
わっかんない〜〜!
正しい音を鳴らしてるのか、
わっかんない〜〜〜!!

 

何を聴いたらいいのだろう?
いや、何を聴いているのだろう?

じゃ、違う所を聴いてみましょうか。

音がどう動いているのか?
同じ所はあるのか、ないのか?

隠れたラインはあるのか?ないのか?

捉え方(グループ分け)は、どうやっているのか?

じゃ、それを変える事は出来るだろうか?

 

細かく分けてみたり、

少し大きく捉えてみたり、

うんと大きく捉えてみたり、

ちょっと捉え方を変えて見よ。

「piu lento」は、見えているかしら?

「legato」は、見えているかしら?

マーチになっても、いいのかしら?

 

捉え方はこれでいいのか?
他の捉え方は、ないのかしら?

と、考えてみましょうか。

もっとラクに。
委ねるように。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師

香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。