● 危険度の少ない指遣いを、考える

 

初めの和音「ドミソ」を、

「5 3 1」で取りました。

そうしたらMちゃん、
その後の、降りていく「そ ど」を、

「5 5」の指で、ぽんぽんっ と

弾んで降りて行きました。
弾んで。まるでトランポリンで寝っ転がるように。

ありゃ、それ、ちょっと危険じゃない?

テキトー過ぎる〜〜〜!

 

「5 5 5」と「ど そ ど」を降りていくのは、

要するに、2回、ポジション移動する事になるので、
運動量が多い。

なんか、勿体ない気がするよ。

もうちょっと、指遣い、考えてみない?

 

 

そうしたらMちゃん、

「そ ど」の「そ」に、「1」を持って行きました。

そうしたら、その後は移動しなくても
「ど」を「5」で弾けますね。

 

 

指遣いを、少し変えてみたら、
もっと弾きやすくなる!

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師

香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。