● トレモロやアルペジオの捉え方

 

 

この右手のトレモロは16分音符。
均等にうまく弾けない、
なんだか指がちゃんと動いてくれない。

では、どうしたらいいのでしょう?

  ↓

手を左右にブルブル振るようにして弾いてみる。

指を動かして弾こう、という意識を取り払う。

それだけで格段に弾きやすく、
均等になります。

 

左手はタイで2小節伸びる、低音オクターブ重音。
右手はアルペジオ

このようなフレーズは、右手に意識がいって
左手の音は、打鍵後すぐに忘れられがちです。

でも、2小節伸びている意味がある。

ペダルで残せば良いや。ではなくて。
(ペダルを使うのは、方法の一つです。)

どんな意志の音なのか?を考えると、
弾いて(打鍵して)終わりになるのかな?

そもそも、どんな打鍵をするのだろう?

・・・・・考えてみましょ♪

 

上がって行くアルペジオは、
1拍単位で捉えない。

「みそどみ」
「そどみそ」
「どみそど」

というように捉え、
それぞれの最高音に向かって行く

 

降りて行くアルペジオは、
1拍で一つの動きになっているので、
それぞれの1音目の打鍵を

「踏み台」のように捉えてみる。

1音目打鍵で立ち上がる。

そのまま、手を回転させながら弾いて行く

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師

香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。