● 指くぐりの指遣いと捉え方を考える

 

画像の赤丸です。

「そしどれ」

「そ#」が「2」の指で、
次の「し」は「1」の指をくぐらせて上がって行く。

その次の「ど#」には、
「2」の指を持って行けば良いだろうか?
それとも「3」の方が良いだろうか?

直前の音を「2」で弾いているので、
その動きはせわしなくなる。

これは人の手によって(手の動きや開きの具合によって)
違うので、「自分はどうか?」と考えるべき。

「そ#」から「し」への音程(距離)と、
「し」から「ど#」への音程(距離)の違いも、ある。

ある人の場合は、ここで
「2」を使っていたけれど、
「ど#」を外す確率が、とても高かった。

どうして外す(外れる)のかな?と見ていたら、

「2」の指が、「ど#」の鍵盤を超えて、
行き過ぎてしまう事が多いのだ。

これは、「振り子」や「遠心力」の法則で、
「そ#」から「し」への距離より、
もっと遠くへ行こうとしてしまうのだ、
と言う事を理解すれば、
コントロール出来るかも、しれない。

じゃあ「ど#」を「3」の指で弾いたらどうだろう?

やってみると、外さず弾ける確率は上がった。

ただし、これで完全ではない。
「3」で取ると、次に問題が訪れるから。

「ど#」が「3」なら続く「れ#」は「4」、
そして次の「そ#」は「5」だ。

「れ#」が「4」になると、「そ#」が遠い。
脇を開いて、上腕が自由であれば、
コントロール出来るかもしれない。
それでも、無意識では難しいだろう。

 

何れにしても、無意識では厳しいフレーズなら、
どこに意識を置けばコントロールできるのか?を
知る事が出来れば、良いよね。

「そ#しど#」の「ど#」を「2」の指で取れれば、
後の問題は回避できる。

じゃあ、どうしたら良いだろう?

遠心力で「2」の指は、「ど#」を
通り過ぎてしまうのを、
弾くたび、指先に指令を与えるように、
見張るようにして弾くのか?

グルーピング(捉え方)を変えて見たらどうだろう?

「そしどれ」「そしどれ」(#表示を省きます)を、

「そ」「しどれそ」「しどれ・・・」と捉えては?

「そし」「どれそし」「どれ・・・」と捉えては??

どう捉えると、「わたし」は
弾きやすいのだろう?

考える。
気付く。
知る。
理解する。
やってみる。トライ!トライ!

 

やれる事は、たくさんある!

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師

香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。