● 指遣いと響きを考える

 

赤丸の和音です。

この楽譜には、こんなふうに指遣いが。
(他の楽譜には、書かれていません。
 初版にも、指遣いは書かれていません。)

この指遣いが、正しいとか、
書いてあるから、この指遣いで弾くべき、

とか、そういうコトではないです。

右手も左手も、どちらも「ど#み#そ#」。

「1 3 5」の指じゃ、ないんだ? へぇ・・・

なんか、面白そう。

どうして、和音の中の音を「1」でとるんだろう?

その指遣いで弾くと、
何かが違うのかな?

その指遣いを実際に採用するかどうかはさておき、
やってみる。

鍵は「1」(親指)。

親指は、ちょっと特別だ。

 

さて考えるついでに。

この赤丸の和音の前の和音を見て下さい。

音の並べ方は違うけれど、
実は、赤丸の和音と、実際に鳴る音は
全部同じです。

なぜ、置き換えたんだろう?
(これは他の版も、この並びです。)

 

なぜ?

って突っ込むと、面白くなってくる!

何が違うんだろう?
響きがどう変わるんだろう?

自分の感じ方に、違いはあるのだろうか?

さぁ、ワクワクの時間ですよ♪

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

・香港教室*毎週の定期レッスン
・香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!
スポンサーリンク