● 指遣いと響きを考える

 

赤丸の和音です。

この楽譜には、こんなふうに指遣いが。
(他の楽譜には、書かれていません。
 初版にも、指遣いは書かれていません。)

この指遣いが、正しいとか、
書いてあるから、この指遣いで弾くべき、

とか、そういうコトではないです。

右手も左手も、どちらも「ど#み#そ#」。

「1 3 5」の指じゃ、ないんだ? へぇ・・・

なんか、面白そう。

どうして、和音の中の音を「1」でとるんだろう?

その指遣いで弾くと、
何かが違うのかな?

その指遣いを実際に採用するかどうかはさておき、
やってみる。

鍵は「1」(親指)。

親指は、ちょっと特別だ。

 

さて考えるついでに。

この赤丸の和音の前の和音を見て下さい。

音の並べ方は違うけれど、
実は、赤丸の和音と、実際に鳴る音は
全部同じです。

なぜ、置き換えたんだろう?
(これは他の版も、この並びです。)

 

なぜ?

って突っ込むと、面白くなってくる!

何が違うんだろう?
響きがどう変わるんだろう?

自分の感じ方に、違いはあるのだろうか?

さぁ、ワクワクの時間ですよ♪

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師

香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。