● 後に繋げやすい指遣いを考える

 

画像は、左手ヘ音記号で、ヘ長調。
「シ」に♭が付きます。

楽譜には、赤丸の最初の音に
「3」と、指番号が書かれています。

その「シ♭」を、「3」の指で弾けば、
そのあと「しらしどれ」まで、
ポジションを変えないで一息に弾けるから、でしょう。

でもね、その前の音が、
1オクターブ下の「シ♭」なので、
そこに「3」と書かれていても、
素直に「3」の指で取ろうとしません。

と言うより、それは難しいのでしょう。

彼女は、「2」の指で弾きます。

「3」で取ったら、一息で弾けるよ、

と提案してみても、「2」の指が。

そうね、「2」でも、良いかもね。

ただ動きが一つ多くなるけれど、
それでも音は並んでいるからね。

「しらしどれ」を「23212」で弾く。

大きく動くわけではないから、
手を落とさず、向こう側へ持っていくように弾いたら、
ラクだね。

それを、理解していれば、いいよね。

「しらしど」まで弾いて、

「あれ?」ってならないように。

最後まで一息で歌えるように、弾けるように、
言い聞かせてみようか。

 

後に繋げやすい指遣いも、
模範はあるけれど、
やっぱり人によって違う。

気をつければ、すんなり出来ることもあれば、
気をつけても、その子(人)には、難しいことも、ある。

だから、そんな時は、一緒に考えようね。

出来ないから、難しいから、

と言うだけで却下しないで、
考えようね。

 

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師

香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。