● 休符の意味を考える

 

伸ばす音の後に置かれている休符は、

その存在を忘れられやすい。

どうしてだろう?

伸ばす音に付いているフェルマータも、

忘れられやすい。

そもそも、伸ばす音の場合、

その音が、どのくらい伸びるのか、
と言うのを感じる事を、
ためらってしまうのかも、しれない。

  待てない  と言う人は多い。

待つって思うから、じゃない?

それは、響きがどこまで広がっていくのか?
とか、
どのように響いていくのか?
とか、

そういうのを聴いていたら、
待つ必要はなく、
多分、相応しいだけ、伸びているだろう。

 

で。

散々伸びたから?

もうこれ以上、待てない?

いやいや、休符は何故、そこにあるんだろう?

だって、休符が必要ないのだとしたら、

そもそも、フェルマータが付いている音は、
「付点2分音符」ではなく、「全音符」にしたら
良かったんじゃ、ない?

でも、ベートーヴェンさんは、
「全音符」じゃなくて、「付点2分音符」に
したかったんだよね、きっとね。

ね、ただの記しじゃ、ないと思うからね。

ちょっと、考えてみよう。

どうしてそこに、休符があるのだろう?

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師

香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。