● 音階の弾き方

 

音階の弾き方」、

指遣いのお話では、ありません。

 

「音階」は、二度音程で動いて行くもの。

つまり、音の動きは、楽譜で見れば、

「上がって行く」もしくは「降りて行く」、

また、その組み合わせになっています。

鍵盤上の動きでは、右へ行くか左へ行くか、
横への動きです。

横への動きなのだけど、音を出すために
指が上下する(鍵盤を押す、という感覚だ)と、
全てが(1音1音が)、

上下に動く=縦の動き になります。

弾く=押す と、無意識で思っていると、
 縦の動きになりやすいです。

特に、まだ指がしっかりしていない小さな子や、
子供の頃に
「しっかり、はっきり弾きなさい!」とか
「マルカートで!」と、たくさん言われて育った方は、
縦の動きになりやすいです。

 

するとね、レガートで弾いているつもりでも、
出てくる音は、レガートには聴こえなくなります。

まな板で、きゅうりをトントントン!と切っているような感じ。

音は横へ動いているのだから、
打鍵も、横へ繋げて行きましょうか。

 

頑張って弾かない。

鍵盤の底まで弾かない。

出だしは「ピアノ(p)」という指示なのに、
大きくなってしまうのは、
縦の動きになってしまうから。

第1音の打鍵で、落とし切らず、
音が動いて行く方へ、
水面を掻くように腕を回してご覧。

横へ動いて行く事、
回転する事を、意識してみよう!

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師

香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。