● 2音間スラーでも、横の動き

 

2音間スラー」の、弾き方の基本は、

1音目で落として、2音目で上がる。

でも、その動きは、1音ずつではなく、
2音で一つの動きです。

「落として止まる」わけではなく、
落ちきる前に腕は回転して上がって行く」です。

だから、画像のようなフレーズでも、
小さな回転を繰り返す事になります。

そうは言っても、
2音ごとの回転が大きいと、
運動量が増え、当たりが強くなってしまいます。

運動量が増える、と言う事は、
余分な動きが増える、と言う意味です。

そんなにいっぱい回転させんでも!ってハナシ。

腕とか手首の回転、と言うよりは、

脇の下で小さなボールを、ストローで吹いて転がしてる、

 みたいなイメージかな?

ふんふん♪ふんふん♪ って、鼻歌っぽく。

マイクを握りしめて、コブシを効かせない。

そうだなぁ。

坂道を、ボウリングのボールが、

ゴロンゴロン・・・と回転しながら落ちていくのと、

同じ坂道を、ピンポン球が、

ころころころりん・・・と落ちていく、その違いみたいな。

  って、わかるかな?通じてる?

2音で一つの回転だけれど、

その回転の上下幅を大きく取らない。

横に楕円を描くようなイメージ

楕円じゃなくて円でもいいけれど。

横にね。横に、だよ。上じゃないよ。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師

香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。