● メゾ・スタッカートとアクセントの塩梅を考える

 

メゾ・スタッカート」は、「スタッカート」とは、違います。

じゃあ、どんな塩梅で弾いたらいいのかしら?

と言うのは、フレーズの前後関係をも
見る必要があります。

どこへ、どんな風に向かって行くのか?
その過程なのか?

今回の問題は、その「メゾ・スタッカート」に、
アクセント」も付いている点です。

「アクセント」は「その音を強く」、と習うでしょう。

でも「強く」の意味は、一つじゃない。

「強さ」にも、種類があるし、
その強さの幅は、とても広い。

だけど「強く」という意味だけが頭にあると、

ただただ、強調して打鍵しがち。

でもね、メゾ・スタッカートでも、あるのよね。
メゾ・スタッカートでアクセントって?

スタッカートとアクセント、とは違うでしょ?

その塩梅を考えてみましょ。

「アクセント」の本質は、

「その音を大事にしてね」だと思っています。

石を投げるのとは、違う。

是非、考えて、いろいろな塩梅で
音を鳴らしてみましょ。
響かせてみましょ。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン
**冬休みの単発特別レッスン受付中**

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!