● ピアノ(p)は、体を開くとラクに弾ける

 

ピアノ(p)」なのに、低音だと、

どうしても音がン!と飛び出しそうな気がして、

身を縮こめて、恐る恐る、弾こうとしてしまう。

そして、音がかすれる。

怖いのよね。うん、わかるよ。

呼吸も止まってしまうもの。

体が、頭が前に出てしまうから、
肩から上腕がブロックされてしまって、
コントロールが効かなくなるの。

そして、「静かに、静かに」という思いから、

打鍵のスピードが遅くなってしまうのね。

だから、音がかすれてしまう。

その逆を行こう!

目の前を、胸の前を少し広くとって。

視線は前。少し上。

体を、上半身を開く
バレエも同じだよね。

体を開くから、体が自由になる。
体を自由に使えるようになる。

指先から肩まで、
そして背中まで、
1ピース(1繋がり)だよ。

指先だけで、弾こうとしない。

体を開こう!

ピアノ(p)は、体を開くとラクに弾けるよ!

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。 香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。 ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。
メルマガ購読・解除