● 「楽しんで弾く」。古塚真紀子先生の場合。

Do you know something, Schroeder? by Accuse.

スポンサーリンク

 

ここの所、メールマガジンで「楽しんで弾く」について、皆さんからお寄せ頂いたメッセージをシェアしています。

発端は、

「どうしたら、楽しんで弾くに到達するのか、全くわからない」

というメッセージを(メルマガから)お寄せ頂いた事。

それで、皆さんが感じておられる「私はこうやって楽しんで弾いている」を、寄せて頂きシェアしております。

何か、あなたの「ピアノを楽しむとは?」の糸口になれば、参考になれば、と思って。

そもそもピアノの練習は一人でやりますから、苦しくなる事は多くても、
「楽しむ」とは、遠くなりそうです。

でも、楽しむ事を一度味わえると、うんとうんと!ピアノを弾くのが、嬉しくなります。
幸せになります。

だけど、「楽しんで弾く、その楽しさ」は、1種類では、ありません。

人によって違うのもそうですが、同じ一人の人間でも、
成長していくと、楽しいと感じるのが、変わっていきます。

だから、正解も不正解も、ありません。

だけど、せっかくやるのだから、「楽しい」と感じて欲しいな、と思っています。

 

いつも東京でのリサイタルを企画・運営して下さる古塚真紀子先生が、ブログ記事にして下さいました!

 

ぜひ、真紀子先生の「楽しんで弾く」に、触れていらして下さいね♪

 

 

 

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

東京レッスン
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

 

スポンサーリンク

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!
スポンサーリンク