● ほぼ同じ2小節を弾き分けるヒントを読む

どう表現して行くか、と言うのは、
その部分だけを切り取って あーだこーだ言うのは、
どうなんでしょ、

 と言うのは大前提です。

それでも、このよく似た2小節を、どう弾いたらイイのかわからない、とか、
ここ、弾くたび、何だかモヤモヤする、と言うのなら、

考えてみましょ、のヒントです。

実は、楽譜に全てヒントはあります。。


1小節目にあって2小節目にないもの

・左手第3拍の「ピアニシモ」

1小節目にはないのに、2小節目にあるもの

・右手の内声和音が、1音増える
・「espressivo」

両方にあるなら、また考え方や感じ方は、変わるでしょう。

でも、こっちにはあるのに、あっちにはないって、
それ、どうしてなんだろう?  です。

で、じゃ、どうやったらそれを変えられるんだろう? です。

 

是非、こんな風に楽譜を読んでみて下さい。
是非、まず自分で考えてみましょう。

ご参考までに。

楽譜の読み方その1はこちら。
楽譜の読み方その2はこちら。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。 香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。 ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。
メルマガ購読・解除