● どう弾いたらいいかわからなかったら俯瞰する

 

こちらの楽譜では、下の2段をピアノが弾きます。

このように、和音が変化して刻んでいくような、そんなフレーズ。

どう弾いたらいいのか、どう気持ちを込めたらいいのか、
ちょっとわかりにくいかも、しれませんね。

和音が変化していく、と言う事は、それぞれの和音の響きの性格の移り変わりを楽しむ(表す)事は、出来ます。

そしてもう一つは、こちらはヴァイオリンとのアンサンブルですので
(もちろん、他の楽器でも歌でも良いのですが)

楽譜を見ますと、ピアノの和音が入るのは、ヴァイオリンの短い旋律を受けて、です。

簡単に言うと、「合いの手」。

誰かの話を聞いて頷く。
「へぇ」「うん」「それで?」「だから??」

だから、ピアノの和音だけで変化するのを味わうと言うよりは、ヴァイオリンの動きと一緒、ヴァイオリンの動きと共に変化していきます。

だから、ヴァイオリンが何をどう歌うのか?
を聴いて、一緒に動いていく、
一緒に変化していく
一緒に進化していく と、寄り添ってみると素敵ですよ。

 

どう弾いたらいいか、わからなかったら、
全体から見てみましょう。俯瞰してみましょう。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。 香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。 ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。
メルマガ購読・解除