● グルーピングすれば、ラクに弾ける!

初めの32分音符は、打鍵を始める前から、全ての音に全ての指を乗せて用意しておく

用意したら、息を吸う。息を吸うと、同時に腕が上がるから、そのまま、全ての指を同時に下ろすようにして弾く。
それはまるで「ドミノ倒し」のように、ね。

その後の和音三つのうちの、後ろの二つの打鍵は、二つではなくて一つの動き。
最初の32分音符と同じで、一息に弾きます。

「ラ」を「1」の指で、上の「ファ」を「5」で弾く時、
「ラ」を弾く指の上に「3」の指をかぶせるようなイメージです。

「ラとファ」の和音を弾いたら手を上げずに、そのままそこにある鍵盤を掴むように、次の「ファとラ」を取る。

 

こうやって、グルーピングします。

全てを続けて弾く練習をしなくていい。
分けていい。

グループに分けて、捉えれば、練習もラク。
弾くのもラクになりますよ。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

Please follow and like us:
無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!