● マルカートの呪縛

何拍子だか、わかりますか? 特に画像の初めの2小節。

頭で「8分の6拍子だから2拍子で取る」とわかっていても、実際にそのように捉えて、感じて弾いているかどうかは、別問題です。

子供の頃に、「もっとはっきり弾く!」「マルカートで!」

と言われ続けて育った人達は、無意識のうちに「拍子」や「リズム」と、実際の「打鍵の仕方」を、切り離して打鍵してしまいます。

「ちゃんと」「はっきりと」音を出さないといけないと、思い込んでいるからです。
(洗脳されてきたから、とも言えるかもしれません。)

だから、8分の6拍子は「6拍子」に聴こえてしまいます。

それでも「ちゃんと音を鳴らせていない」と思ってしまっている事も、あります。

全ての音を、「ちゃんと・はっきりと鳴らす」事が全てではなく、音楽をやる事が大事です。

画像の初めの2小節は、気をつけないと、「3拍子」感覚で弾きやすい代表です。

右手の親指で落ちやすいからです。

 

さぁ、マルカートの呪縛を解き放ちましょう!!!

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

・香港教室*毎週の定期レッスン
・香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!
スポンサーリンク