● 花マルをもらうことは目的ではない

o0500037513472025288

Love by MATAVI@

 

「練習してきた」という一言は、意味は一つではありません。

「何をどのように練習してきた」のかは、人により、課題により違うでしょう。

 

しかし、極端に言えば、前回のレッスンから今日のレッスンまでの間、たった1回しかピアノに触らなかったとしても、

「練習してきたよー!」という学習者は、います。

 

逆に、毎日かなりの時間をかけて練習してきたことが、その演奏から伺えるのに

「ほとんど練習できなくて」という学習者も、いる。

 

問題はココにあります。

 

「花マルをもらうこと=合格になること」が「レッスンに来る目的」になるのは、違う、ということ。

 

ぜひ、高細千尋先生のこちらの記事をお読みください。

そして、この記事のバトンを受け取って、ベルギー在住の鍵盤楽器奏者、末次克史氏も、書いてくださいました! 合わせてお読みくださいね。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました!

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。