● 花マルをもらうことは目的ではない

o0500037513472025288

Love by MATAVI@

 

「練習してきた」という一言は、意味は一つではありません。

「何をどのように練習してきた」のかは、人により、課題により違うでしょう。

 

しかし、極端に言えば、前回のレッスンから今日のレッスンまでの間、たった1回しかピアノに触らなかったとしても、

「練習してきたよー!」という学習者は、います。

 

逆に、毎日かなりの時間をかけて練習してきたことが、その演奏から伺えるのに

「ほとんど練習できなくて」という学習者も、いる。

 

問題はココにあります。

 

「花マルをもらうこと=合格になること」が「レッスンに来る目的」になるのは、違う、ということ。

 

ぜひ、高細千尋先生のこちらの記事をお読みください。

そして、この記事のバトンを受け取って、ベルギー在住の鍵盤楽器奏者、末次克史氏も、書いてくださいました! 合わせてお読みくださいね。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!