● チャンスは、ココにある!

o0500050013781379896

One More Chance by Cesar R.

 

「チャンスが訪れた!」

と思う時がある。

「チャンスがやってきた!」  なんて、言う。

でも、「チャンス」は実は、いつでもココ(目の前)に、ある。

気付いていないだけ。

私たちは普段、森を見ているようで、樹を見ている事が多い。

例えば楽譜。

譜読みをする時も、一通り譜読みを終えた、と思って、楽譜を見ながら弾いている時も、

今弾く音(音符)しか見ていないかもしれない。

あるいは、少し先の音符だけを見ているかもしれない。

つまり「音符」しか、見ていないかもしれない、ということ。

楽譜には、もっとたくさんの「教え」があるのに、そこを見ていない。

音符だけを追う「譜読み」を終えて(本来、音符だけじゃなく、楽譜に書かれている全てを読み取る事を、「譜読み」と言うと思うけれど)、

あぁでもない、こうでもない、うーん、わからない、どう弾いたらいいんだ?
どう表現したらいいんだ?

と思うのは、チャンスを逃している。

時間を無駄にしている。

強弱やアーティキュレーションの記載がない楽譜は別として
(それでも、サインはいっぱい、ある)

果たして、細かな強弱やアーティキュレーションを、書かれている通りに読み取っているんだろうか?

音符の「●」だけが目に入っていないだろうか?

話が飛躍しているようだけれど、「チャンス到来」とは、そういうことだと思う。

譜読みに限らない。

実は、チャンスはいつでもココ(目の前)に、ある!

そう思ったら、今日はいつもよりもっと!ワクワクですね♪

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 


161217flyer2ameblo
 
 
ベルギー在住ピアニスト・チェンバリストの
末次克史氏による
 
 
12月17日(土)開催。
 
ご予約受付中。