● 自分を成長させるために、労ろう

 

何事も、バランス。

前進していく時には、
たくさんのエネルギーを消費する。
  放出する、と言う方が相応しいかしら。

 

その時は、身も心も前を向いているから、
自分では気付きにくいけれど、

たくさんの、真っ直ぐなエネルギーを放出するのだから、
減るものがある。

すると、自分で自分を支えられなくなる時が来る。

急にガクン、と来ちゃうのだ。
 バタン、と寝込んだり。
 何故か動けなくなったり。

 

だから、うわーっ!とエネルギーを出したら、
少し自分を労ろう。

「頑張ったね」
「ありがとうね」

と、自分の体に感謝してみる。

 

自分の体を自分で、
ぎゅっと抱きしめてあげる。

てのひらで頭を覆って
「いっぱい働いてくれて、ありがとう」

てのひらを、まぶたに当てて
「いっぱい見せてくれて、ありがとう」

てのひらを、喉に当てて
「いっぱい、気持ちを発してくれて、ありがとう」

てのひらを、胸元に当てて
「いつもいつも動いてくれて、ありがとう」

 

バカみたい?
自分の体だから?

でも、体が動いていてくれるから、
毎日、ちゃんといろいろ出来るんだよね。

 

体が反抗(抵抗)したら、
熱が出たり、怪我したり、
節々が痛くなったり、
声が出なくなったり、

 自分の動きを止められてしまうのだから。

 

だから、自分をもっと成長させるために、
自分を労ろう。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師

香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。