● 大事なのは、「今」この時。

 

いつも、

過去 と、今(現在) と、未来 が、
一直線に繋がっているように、感じる。

過去のいろんな事があったから、
今がある。

それは間違いないけれど、
でも、「思い込み」や「思違い」と言うのも、
あるんだよね。

その「思い込み」「思違い」で、
誰かを傷つけたり、
誰かに傷つけられたりして、
それもまた勘違いに過ぎなかったかもしれなくて、

どちらにしても、それは、
「今、目の前で起きている、
 目に見えているモノゴト」では、ないんだよね。

なら、傷ついたコトに
フォーカスしてるのは、
ただの執着でしかないのかも、しれない。
意味は、ないのかも、しれない。
ただ、自分が意味を欲しているだけなのかも、しれない。

 

また、「未来」は「今」の延長線上で、
「今この一瞬」、また次の「今この一瞬」の
積み重ねで作られる、んだよね。

でも、大事なのは「今」をどう楽しむか?で、
「今」を苦しまないと、素晴らしい「未来」が訪れない
なんていうのは、多分、妄想だ。

それは、自分で決めたコトだと思う。

「素晴らしい未来を自分にもたらすために、
 今、自分は苦しまなければならない」

と、自分が思うなら、きっと、そうなのだ。
自分でそう決めたのだから、
今、また次の「今」も、苦しまなければいけないのだ。

自分でそう決めたのだから、
その「苦しまなければいけない今」は、
毎度の「今」に、訪れるだろう。

これは本当、自分でどう決めるか?
(どう定義するか?)で、全然変わってしまうのだ、と
気付いた。

練習も同じコトなのだ。

毎日6〜8時間の練習を、
汗を放ちながらの練習を積み重ねなければ、
私はまともに弾けるようには、ならないのだ

 そう、思っていた。
 理由は、こうだ。

「私は劣等生なのだから」と。

でも、思い起こせば、誰も私を劣等生だなんて、
言ってない。

言っていたのは、他でもない、私自身だ。
多分、過去記事を遡れば、私は私自身のコトを
何度も何度も「私はこの中で一番の劣等生だから」と
書いたのを目にするだろう。

 

人と優劣なんか、つける必要はなくて
だって、芸術は個性の世界だから。

でも、私は劣等生だから、苦しい練習を
自分に課さなければ、いけないのだ

 と、自分に言い聞かせていただけだった。

違う。やらなければいけないのは、
長時間のハードな練習ではなく、

「いかに楽しむか?」
「いかに気持ちの良い音を出せるか?」

というコトを考えて妄想して、
響の世界に入るコトだった。

 

大事なのは、「今」この時で、
それ以外じゃ、ない。

過分に、過去と未来に執着する必要は、ない。

あなた様も、「今」をワクワクして楽しめますように!

読みにいらして下さり、ありがとうございます♪

 

 

こんな講座も、ワクワクしますよ!!!

 ↓ ↓ ↓ オススメの講座です! ↓ ↓ ↓

◆ チェンバロから考えるバッハ・ピアノ奏法の可能性講座

 バッハ・ピアノ奏法の可能性〜Vol.2 バッハ・指遣いの考え方〜  
 講師:末次克史先生  
 開催日時:8月6日(日)13時〜  
 場所:スタジオ・ピオティータ  
 受講費:5,000円  
 ご予約・お問い合わせ受付中!  
 荒井がメールで承ります。  chihirohk@gmail.com

 

 

 ↓ ↓ ↓ 今年も弾かせて頂きます♪ ↓ ↓ ↓

◆ 荒井千裕ピアノ・リサイタルのご案内

 荒井千裕ピアノ・リサイタル
 ピアノでワクワクの旅
 開催日時:9月3日(日)14時〜
 場所:代々木の森リブロホール

 チケット一般:4,000円
  中・高校生:3,000円
  小学生以下:2,000円
 ご予約受付中です!

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。