● 目に見えるもの、目に見えないもの

Untitled -朝の唄- by atacamaki

私達が居る世界には、目に見えるものと、
目に見えないものが、ある。

目に見えるものとは、そのまま、
今、「わたし」が見ているものだ。

つまり、「今、起こっているコト」=現実。

目に見えないものは、たくさんある。

確かに自分の目で見てきただろう「過去」も、
もはや「今」は「目に見えない」。

「未来」も「今」は、見えない。
(想像じゃなくてね、実際に見えるかどうかの話し)

 

今、目に見えているものは、「確か」だ。

でも、大事なコトは、今、目に見えているものだろうか?

本当に大事なコトは、目に見えていないかも、しれない。

例えば、今、自分で考えている「コト」は、
今、目の前に起こっている出来事では、ない。
だから、見えていない。

でも、考えているんだ。
それを実行するかどうか、考えている。
実行するなら、どのようにしたらいいか?
考える。

実行する「タイミング」も、考えている。
これは、「間合い」を図っているわけで、
音楽において「間合い」は、とても重要な要素として、
存在する。

でも、「間合い」や「空間」は、
目で見える、目で見て図れるものでは、ない。

時間は「時の間」と書く。
空間は、「空の間」と、書く。

どちらも「間合い」だ。

この間合いが、動き・息遣いを生み出していく。

よし!やるぞ!と決意するのも、
間合いだと思う。

目に見えるものは、事実だけれど、
目に見えないものは、事実を、現実を作る、
とてもとても大事なもの。

目に見えないもの(間合いもそうだけど、思考も)を、
大事にしたい。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。