● 自信を持たなくていい。その前にやりたい事。

 

もっと自信を持って!

 と言われた事は、ありませんか?

私もよく言われていました。
そして私自身、よく生徒たちに言ってきました。

 

昨日、大人の生徒さんと話をしていて、
それに合わせて自分のこれまでを振り返って、
わかった(気付いた)事があるので、
シェアします。

 

「自信を持って」と言われたって、
そんな簡単に自信を持つ事は、出来ない。

それが出来るなら、とっくに!
バリバリ自信を持って堂々と図太くしてるわい!

自信は、「持とう!」と思って(決意して)
持てるものじゃ、ないんだよね。

 

例えば人前で何かをする時。

スピーチだったり、
踊る事だったり
演奏する事だったり。

緊張するのは、
不安に包まれるから。

その不安は、ミスする事への恐れかもしれない。

だけど、本当は、ミスしたって構わない。
ただ、ミスした事を、
観てくれている人たちに、
どう評価されるかが、怖いんだ。

どう思われるかが。

本当は、そんな事、どうだっていい。

だけど、「どうだっていい事だ」と
わかっていても、
人の不思議。
不安はドカンと訪れる。
不安に縛られる。

本当に自分が表したかった事は、何だったの?

 

自分をわかってもらいたい
 かもしれない。

でもさ。
こんだけ沢山の人がいる中、
わかってくれない人がいるのも、当たり前。
反感持つ人が現れるのも、当たり前。
非難する人が現れるのも、別におかしな話じゃ、ない。

万人にいい顔する必要がないのと、同じ事。

わかってもらおう、とする前に、
もっと大事な、やるべき事がある。

 

それはね、

自分自身が、その場を楽しむ事

いつも同じ環境なんて、ほぼない。

だから、その時、その場で出来る事を、楽しむ。
思いっきり、楽しむ。

「わたし」が楽しまないで、

観てくれてる人たちが、「楽しい」と感じるだろうか?

どんなに、総合的に良く表す事が出来たとしても、
それは「素晴らしかったね」と言われるかもしれないけれど、
「楽しかったね」と心を躍らせる事は、
難しいだろう。

 

人様がどう感じる、という事の前に、

まず、自分が思いっきり感じる。
思いっきり楽しむ事だ。

 

その場でしか、味わえない事だらけなのに、
エネルギーを下げるマイナス要素ばかりに
焦点を当てるのは、実にもったいない。

 

自信なんて、持たなくていい
「今」を楽しもう!

 

 

いつも、ありがとうございます。
今日もワクワクの1日を☆

 

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。