正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

タグ : シューマン

ロマン派の作曲家別演奏法を知っておこう!

あなたはピアノを弾いた後に「それはショパンじゃない」と言われた事はありませんか?筆者はあります。それはショパンじゃない?じゃ、ショパンの弾き方ってどんなものなの?他の作曲家とどう違うの?と思ったものです。しかし、当時の先 …

シューマンの誕生日に寄せて

本日6月8日は、ドイツの作曲家ロベルト・シューマンの誕生日。私の大好きな作曲家、シューマンさまのお誕生日に敬意を持って、今日はシューマンの「子供の情景」という作品についてお話しますね。 スポンサーリンク ‌

多声(ポリフォニー)フレーズの練習法

多声(ポリフォニー)音楽とは、複数の声部が協和し合う(絡み合う)音楽。ピアノではバッハの作品がポリフォニーの代表のような存在ですが、うんとわかりやすく言うと、始まりは「カエルの歌」だろうし、少し発展(大きく)なれば中学生 …

どこを聴いたらバランスの良い音楽になるんだろう?休符にフェルマータの意味は?

一体どこを聴いたらいいのだろう?どこを聴きながら弾いたらいいのだろう?音が広がっていくのを聴くには、何をイメージしたらいいんだろう? 休符をどう感じたらいいのだろう?フェルマータってどのくらい待つの?フェルマータって待つ …

シューマン「大晦日」

● シューマン「大晦日」   2017年も残すところあと数分。 あなた様にとって、どんな1年だったでしょうか? 今年も「心のお話」「小曲動画」「奏法のお話」など  1日2〜3記事をお送りしてきました。 お付き合 …

どうして3回繰り返す?

● どうして3回繰り返す? 同じフレーズや、よく似たフレーズが3回繰り返される事がよく、あります。 そんな時、どんな風に弾こう、と考えますか? 考えるでしょうか?(気に留めるでしょうか?) 是非、気に留めてみて下さいね。 …

うねうねフレーズを弾きやすくする方法

● うねうねフレーズを弾きやすくする方法   画像のような「うねうねフレーズ」は、 何だか 指がバラバラになるような、 ずれちゃうような、 なんか違和感で、弾きにくくて、 弾けてるのかどうかも、わからなくて・・ …

音の厚みや温かさを出したい時

● 音の厚みや温かさを出したい時はどうすればいい?   シューマンの「アベッグ変奏曲」です。 カンタービレの終わり..   ここから華々しいフィナーレへと入ります。 そして、フィナーレの始まり&#82 …

歌を、追いかける

● 歌を、追いかける   歌は、どこにあるだろう? 見てわかる歌、 注意して見ないと、見落とすような歌も、  あるかもしれない。 歌の始まりは、どこなんだろう? どんな風に、歌われて(歌って)いくのだろう? ど …

シューマン「ウィーンの謝肉祭の道化」間奏曲

● シューマン「ウィーンの謝肉祭の道化」間奏曲 Venice Carnival by Stefano Montagner – The life around me   シューマン様の「ウィーンの謝肉 …

1 2 3 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 荒井ピアノ教室(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.