正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

タグ : ショパン

ロマン派の作曲家別演奏法を知っておこう!

あなたはピアノを弾いた後に「それはショパンじゃない」と言われた事はありませんか?筆者はあります。それはショパンじゃない?じゃ、ショパンの弾き方ってどんなものなの?他の作曲家とどう違うの?と思ったものです。しかし、当時の先 …

効果的なクレッシェンドのかけ方

あなたは「クレッシェンド(cresc.)」という指示を見たら、どうしていますか? クレッシェンドの意味は音楽をやる人なら、知らない人はいないでしょう。そう、クレッシェンドは「だんだん大きく(強く)」という意味ですね。でも …

休符や打鍵の間(ま)を考えて表現力を高めよう!

あなたは楽譜に休符を見ると、何を思うでしょうか?何か感じる?休符の前の音がスタッカートだったら休符は感じやすいかしら? フレーズが続く中、休符がない場合はどうかしら?どこで間(ま)を感じることができるでしょうか?そんな事 …

連符は速くという先入観を捨て、トリルと連符は頑張らない

3連符、5連符、7連符・・・8分音符から16分音符へ、そして32分音符へと音価が短くなっていくと、それぞれの音の長さは 短くなります。すると、「いっぱい音符があるから速く弾かなきゃいけない!速く音を入れなきゃならない!」 …

楽譜を細部まで読み込んで考える

演奏する楽器はピアノに限ったお話ではありません。クラシック音楽を演奏する・演奏するために練習を重ねる時にとても大事なことがあります。それは「楽譜を細部まで読み込んで考える」ということ。 では楽譜を細部まで読み込むとはどう …

音の伸びを味わうのに必要なのは呼吸とイメージの持ち方

「音の伸び」はたっぷり味わいたいところ。でもね、音の伸びって、音価の長い音符に限らないんですよ。そしてやっぱり呼吸を合わせるととっても自然に味わえますよ。 では音の伸びをどう味わうか?イメージをどう持つか?について、例を …

同じ音が続く時の弾き方を考えてみよう

同音連打って、同じ音が続くからラッキー?同じ音が続くのはどうしてなんだろう?何か意味があるのだろうか? 同じ音が続く時に指を替えなきゃいけないのはどうして?絶対替えなきゃだめ? スポンサーリンク ‌

何調か理解すれば弾きやすくなる!覚えやすくなる!

あなたが今弾いているその曲、そのフレーズは「何調」か知っていますか?曲の途中で「調号(#や♭の付き方)」が変わる=転調することがありますが、何調に変わったのかわかって弾いていますか? 今弾いているのは何調なのかを理解する …

どこに向かっていくのかを知り、アルペジオ・フレーズを弾きやすくするコツ

弾いているうちに、どこに向かっているのか・何をどう歌いたいのか、わからなくことはありませんか? 何をしたらいいのかわからなくなるのを、どうしたら防げるのか。どうしたら理解できるのでしょうか? スポンサーリンク ‌

ペダルと離鍵を考える

● ペダルと離鍵を考える   それまではペダルの指示があるのに、この4小節にはペダルの指示はありません。 だからペダルを踏まないのか、 それとも、微妙な塩梅で細かくペダルを入れるのか? その判断は後で自分でする …

1 2 3 10 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 千の音(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.