正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事
  • HOME »
  • 新着記事 »
  • ショパン

タグ : ショパン

跳躍の方向を考える

● 跳躍の方向を考える   ちょっと弾きにくい、 と感じる人が多いだろうフレーズです。 右手も左手も、微妙な跳躍で、 動きがこんがらがります。 (頭の中が、こんがらがります。)   では今日は左手のお …

テンションを維持する方法

● テンションを維持する方法   劇的に下降してきて、場面が変わる。 それでも、いきなり変わるわけではなく、 始めは同じテンションを保って入りたい。 (画像の、転調する所)   テンションを、そこまで …

乗り方を、変えてみる

● 乗り方を、変えてみる   この記事も、今朝配信したメールマガジンと、同じタイトルです。   この曲の場合、右手の16分音符4音に対して、 左手は8分音符を3音、合わせる、  と言う感覚を掴むのが、 …

一息で歌うフレーズを知っておこう!

● 一息で歌うフレーズを、知っておこう!   もし、 「音楽に合わせて、呼吸って、どうしたらいいのか、わからない」 と言うことが気になっているのなら、  ご参考までに。     4分の3拍子 …

オクターブ越えのアルペジオ練習法

● オクターブ越えのアルペジオ練習法   右手のお話です。 「らどれふぁらどれ」と、アルペジオで上がっていく。   その「らどれふぁ」を、「1 2 3 4」の指で弾きます。 そして次の「ら」に、指くぐ …

弾きにくいなら、ポジションを見直す

● 弾きにくいなら、ポジションを見直す   右手が二声になっています。   青い四角で囲ってあるところ。 二つありますが、そのどちらも、 内声の、はじめの2音の打鍵には問題がありません。 しかし、上声 …

闘いに行かない

● 闘いに行かない   オクターブが多い。 跳躍も、ある。 素直じゃないリズムがある。   これ、無意識のうちに 「闘って弾きに行ってしまう」三大要素です。     闘っている事を …

わかっているようで、わかっていないコト

● わかっているようで、わかっていない事を見つめてみる   一つの大きなセクションの中に、フレーズが幾つかあります。   大抵、始めの一つ二つのフレーズは短い。 大体、三つ目からフレーズが長くなって、 …

トリルの終わり方

● トリルの終わりに気を使おう!   トリルの終わりは、次の音に繋げていきます。   「シ」にトリルが付いていて、次の音が「シ♭」なら、 そのトリルの終わりの音は「シ」。   「シ♭」にトリ …

どうしてそこに休符があるのだろう?

● どうしてそこに休符があるのだろう?   って、考えてみたこと、ありますか?   この画像の最後。 赤丸で囲んでいる、その小節です。   1小節 丸々お休みって、どーゆーコト? &nbsp …

1 2 3 5 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、メンタル・コントロールなどについて、月・木曜日の朝6時に配信。ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 荒井ピアノ教室(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
↑ Back To Top ↑