正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事
  • HOME »
  • 新着記事 »
  • ドビュッシー

タグ : ドビュッシー

ドビュッシーで聴きたい曲アンケート結果発表!

1月16日より皆様にお願いしておりました「ドビュッシーで聴きたい曲」アンケート、お陰様でたくさんの皆様からご回答をお寄せ頂けました。 ありがとうございます。 2週間経ちましたので、突然ですが締めさせて頂きました。 結果は …

ドビュッシーの言葉を知ると、表現力が2倍になる!

● ドビュッシーの言葉を知ると、表現力が2倍になる! クロード・ドビュッシー、フランスを代表する作曲家。 1862年8月22日生まれ、1918年3月25日没。 つまり、今年はドビュッシーの没後100年のアニバーサリー・イ …

響きの伸びを、最後まで味わおう!

● 響きの伸びを、最後まで味わおう! 2018年最初の奏法記事です。 今日のお話は、今日だけで流すのではなく、 この1年間、いつも気に留めて音楽と向き合う事が出来たら、 あなた様の「聴く力」は増し、 「演奏力」と言うより …

パターンを変えてみる

● パターンを変えてみる   同じ事が3回繰り返されるフレーズ、 どう弾きましょ? あ、なんか、シンクロしています。 今週のレッスンで、全然曲は違うのに、 3回繰り返されるフレーズが出てきて、 「どうやって変え …

自信を、持つ

● 自信を、持つ   昨日は、元生徒ちゃんで、現在日本の 某音大2年生のJちゃんが、 香港に帰省していて、レッスンに来てくれました。 すっかり大人っぽくなって… 彼女の音楽・表現も、すっかり 大人っ …

同音連打は、落とさない

● 同音連打は、落とさない   これは、両手交互の同音連打ですが、 片手での同音連打でも、同じ事です。 同音連打がうまくいかないのは、 鍵盤の戻りと打鍵のタイミングが うまい塩梅にならないから。 すると、どんど …

指遣いと響きを考える

● 指遣いと響きを考える   赤丸の和音です。 この楽譜には、こんなふうに指遣いが。 (他の楽譜には、書かれていません。  初版にも、指遣いは書かれていません。) この指遣いが、正しいとか、 書いてあるから、こ …

指くぐりの指遣いと捉え方を考える

● 指くぐりの指遣いと捉え方を考える   画像の赤丸です。 「そしどれ」 「そ#」が「2」の指で、 次の「し」は「1」の指をくぐらせて上がって行く。 その次の「ど#」には、 「2」の指を持って行けば良いだろうか …

フォルテに向かう音を想像しよう!

● フォルテに向かう音を想像してみよう!   ドビュッシー「小さな黒人」の一部分。 クレッシェンドして行って、フォルテになる。 「クレッシェンドして行って」フォルテだ。 始めからフォルテなのとは、違います。 & …

指遣いを考える

● 指遣いを考える   画像の楽譜には、初めから指遣いが書き込まれていますが・・・ この通りでなければいけない、  と言う事はないけれど・・・ 書いてあるなら、ちょっと見てみましょうよ。 一度は、その指遣いで弾 …

1 2 3 4 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 荒井ピアノ教室(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.