正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事
  • HOME »
  • 新着記事 »
  • ノクターン

タグ : ノクターン

重なる音の中に、歌を探す

● 重なる音の中に、歌を探す   あるセクションの始まり。 そしてこの後に出て来るフレーズは… 右手に切ない歌が登場します。   でも、それだけじゃないよ。 左手を見て! 左手は二声になっ …

優先順位を見ると、バランスが良くなる

● 優先順位を見るとバランスが良くなる   楽譜を読んで弾いていく時、まず、 「どこにメロディがあるのか」 を、知る。   メインのメロディではなくても、 掛け合っているサブ的なメロディもあります。 …

2音間のスラーの注意点

● 2音間のスラーの注意点     この画像の、左手パートです。 ピアニシモ(pp)のところ。 低音部記号(ヘ音記号)なので、 「そら らし しそ|そら らし しそ」となっています。   「 …

息の長い演奏をする方法

● 息の長い演奏をする方法   人は「待つ」事が、苦手のようです。 楽譜の中で 「伸ばす音符」「長い音符」(休符やフェルマータも)、 それらが出てきても、十分にそれを感じる事ができない。 (感じにくい)   だ …

息継ぎをする「間」を大事にする

● 息継ぎをする「間」を大事にする   この画像の1小節目は、それまでのフレーズの終わり。 そして2小節目は、次のフレーズの始まりです。   楽譜に書かれていることを、そのまま正しく丁寧に、読み取って …

音の動きの通りに歌う

● 音の動きの通りに歌う   例えば、この次に向かって行く時。 「向かって行くのだー!」 という、クレッシェンドのような気持ちで弾いていた、とします。 こんな時が、ちょっと注意です。   「目標に向か …

ショパンのノクターンと言えばコレ

● ショパンのノクターンと言えばコレ きっと日本人に限らず、ピアノと言えば、弾くも聴くも、ショパン(1810-1849)は圧倒的な人気だろうと思います。 ショパンは、さすが「ピアノの詩人」と言われるのが頷ける、ロマンティ …

連符は速く、という先入観を捨てる

● 連符は速く、という先入観を捨てる 3連符、5連符、7連符・・・ 8分音符から16分音符へ、そして32分音符へと、音価が短くなっていくと、確かにそれぞれの音の長さは 短くなります。 すると、「いっぱい音符があるから、速 …

そのアクセントは、どんなものなのか?

● アクセントの意味に捉われすぎない。そのアクセントはどんなもの? アクセントの意味は何ですか? その音を強く….と習ったでしょうか? では、アクセント記号を見ると、いつもどんなフレーズでも、同じ打鍵をしてい …

装飾音に、気をつけよう!

● 装飾音の弾き方に、気を付けたい 装飾音、それは書いて字の通り、音に装いを飾り付ける音のことです。 装う・飾り付ける というのは、パターンはひとつじゃないですよね。 お洋服にしても、アクセサリーにしても。 季節の飾り付 …

メールマガジン

奏法・身体の使い方、メンタル・コントロールなどについて、月・木曜日の朝6時に配信。ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 荒井ピアノ教室(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
↑ Back To Top ↑