正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

タグ : ノクターン

subitoピアノ・piuピアノについて考えてみよう

ピアノ(p)とは、「弱く」という強弱記号ですね。でも「弱く」という意味は1つじゃないと思うの。弱くは「静かに」?「消えそうな音」? それとも悲しい時の感じかしら?具合が悪くなって動けない時のような感じ? 「ピアノ」の意味 …

連符は速くという先入観を捨て、トリルと連符は頑張らない

3連符、5連符、7連符・・・8分音符から16分音符へ、そして32分音符へと音価が短くなっていくと、それぞれの音の長さは 短くなります。すると、「いっぱい音符があるから速く弾かなきゃいけない!速く音を入れなきゃならない!」 …

2音間スラーで気を付けたいコト

音を繋げてなめらかに弾きましょう・一息に弾きましょうの「スラー」は、よく見る演奏記号の1つだと思います。 今日はその「スラー」の付き方のお話。あなたは「スラー」がどの音から始まって、どの音でスラーが終わっているのか、気に …

楽譜を細部まで読み込んで考える

演奏する楽器はピアノに限ったお話ではありません。クラシック音楽を演奏する・演奏するために練習を重ねる時にとても大事なことがあります。それは「楽譜を細部まで読み込んで考える」ということ。 では楽譜を細部まで読み込むとはどう …

覚えにくい音の動きを覚える方法と音が長くなる時の注意

何回弾いても何回練習しても音の動きが覚えられない〜〜!って悩ましくなる時はありませんか?音符の長さが長くなっていくと、何だか違和感を覚えることはありませんか? 今日は、そんな覚えにくい音の動きを覚える方法と、音符の長さが …

ペダルの踏み方にはポイントがある事を知っておこう!

ペダルの踏み方が、どうもしっくりしない、濁っているのが気になるとか、なんだかタイミングが良くないような気がするとか、感じたことは、ありませんか? ペダルの踏み方は1つではありません。幾つも踏み方があります。 ペダルには「 …

速いパッセージは、エクササイズじゃない

● 速いパッセージは、エクササイズじゃない   この画像例で言えば、メインの歌は、 内声(左手の上声)に、あります。 だけど、このようなフレーズを弾く時、 気を付けたいのは、右手です。 何故なら、メインの歌より …

先に、準備しておく

● 先に、準備しておく   はじめの二つの和音は、二つとも 打鍵する前に、打鍵すべき鍵盤に 指を準備しておく。 (それぞれの和音を掴む形にしておく) 1つ目から2つ目の和音へは、 それぞれの音がどのように動くの …

音価が長くなっていく時は、注意。

● 音価が長くなっていく時は、注意。   画像のように、一度 連符などの 速い音が入った後に、 音価が長くなっていくと、 どうも体内時計が狂いやすいのです。   1拍がどのくらいだったか? 今、自分が …

重なる音の中に、歌を探す

● 重なる音の中に、歌を探す   あるセクションの始まり。 そしてこの後に出て来るフレーズは… 右手に切ない歌が登場します。   でも、それだけじゃないよ。 左手を見て! 左手は二声になっ …

1 2 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 荒井ピアノ教室(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.