正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事
  • HOME »
  • 新着記事 »
  • バラード第1番

タグ : バラード第1番

拍を知る

● 拍を知る あなたが今 弾いているその曲、そのフレーズ、 何拍子? そして今まさに打鍵しようとしているその音、 何拍目? 今弾いているフレーズの各1拍目となるのはどこか、 わかって弾いてますか?   意外と、 …

何が、違うんだろう?どう、感じるだろう?

● 何が、違うんだろう?どう、感じるだろう?   とっても、良く似たフレーズ。 でも、何かが違うの。 というか。。。 とっても良く似たフレーズ (もしくは、同じフレーズ)が繰り返される時は、 「何か」を変えて表 …

打鍵の方向を、変えてみる

● 打鍵の方向を、変えてみる   和音を含む、2音間スラーでの動き。 あなたなら、どんな風に打鍵するでしょうか? ・落として上げて、移動 ? ・2音を掴み取るように ? ・2音とも、はっきり鳴らす ? その時の …

長いフレーズは、グルーピングしてみよう!

● 長いフレーズは、グルーピングしてみよう!   クライマックスです。 大きく、大きく盛り上がって行きます。 だから、そのフレーズは長い。 それまでのセクションを経て、 最後のセクションでも、 ここまで様々な葛 …

2音間スラーは、動きも呼吸も一つ

● 2音間スラーは、動きも呼吸も一つ   今日は、左手のお話。 4分休符を受けて、単音「れ」から オクターブ「そ」へ。 その繰り返し。 オクターブ「そ」は、拍頭ではありますが、 ちょっとだけ、気をつけたらいいな …

アルペジオも肩甲骨から回転させて弾く

● アルペジオも肩甲骨から回転させて弾く   オクターブを超えて行き交うアルペジオ。 音を外さないよう、 ちゃんと弾こう! って、指先が鍵盤にめちゃめちゃ執着して行きます。 すると、手首も固まったまま。 そこに …

脱力のコツ**内側から外へ

● 脱力のコツ**内側から外へ   左手のこんな跳躍。 「拍」を意識すること、 「拍」に乗る/感じることは、とても大切。 でも、意識する・感じるのと、 動作の意識は、ちょっと別物です。 拍の音のライン(低音のラ …

音域移動の軸の置き方を考える

● 音域移動の軸の置き方を考える   こんな音階。 両手で低音域から高音域へと、移動して行きます。 途中で、右手と左手がズレる事、 ありませんか? ズレるとしたら。 どうしてズレるのか? 「自分の動き」を、いろ …

閉じて開く!

● 閉じて開く!   赤丸で囲んでいる所です。 同じ音が続きます。 8分音符から付点2分音符(とタイ)・ 8分音符は、その前の「8分休符」を受けて、入ります。 同じ音が続くけれど、その2音は、 ちょっとニュアン …

リズムを知る

● リズムを知る   今日は言葉少なく、短くお伝えします。 上の画像の、リズムを知る、と言うことです。 えーそんなの、簡単〜! と思うかもしれませんね。 この曲に限りませんが、 向き合う事になった曲も、 時間を …

1 2 3 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 荒井ピアノ教室(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.