正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事
  • HOME »
  • 新着記事 »
  • パガニーニ・エチュード

タグ : パガニーニ・エチュード

違う次元で聴く

● 多声の動きは、違う次元で聴いてみる   これは、 「ラ ファドミド ドシラ|ソ」  だと思う?(「ファドミド」は和音の上の音です) 「ラーードシラソーーミファソラーードシラソーー….」  じゃ、 …

拍を感じるために、気を付けたいコト

● 拍を気持ち良く感じるために、気を付けたいコト   オクターブで16分音符で跳躍・・・となると、 無意識のうちに、急いてしまう。 この中で最も大事にしたいのは、 1拍目=各小節の第1音の打鍵(への意識)。 そ …

3対4のバランスをとるために

● 3対4を合わせるリズムのバランスをとるために   この画像例のように、右手は8分3連符=1拍に三つ、 対して左手は、16分音符=1拍に四つというリズムを、合わせる。 この「3対4」のリズムは(「2対3」もそ …

場面によって、呼吸の間は変わってくる

● そこにどんな呼吸が必要なのかは、その場面によって異なる。   この変奏が始まって4小節。 それまで、各小節の終わりは16分3連符だった所、 ここは8分休符になっています。 ということは??? 次に向けての呼 …

黒鍵の、大事な音の打鍵法

● 黒鍵の大事な音の打鍵法   画像の左手、内声和音の上の、音の動きが大事なメロディ。 だけど、赤丸してある和音の上の音が、聴こえにくいの。   どうしてだろう?     それはね …

付点の音符を、うんと味わおう!

● 付点の音符を、うんと味わおう!   このように、付点の音符の場合で、 もう一方の手で弾く音は、このようにトリル担っていたり、 或いは、やはり伸ばす音や、休符の場合、  その音価が短くなりやすい傾向にあります …

10度和音の動きは、視覚に頼らない

● 幅を覚える。視覚に頼らない。   この画像のような、左手の10度和音の進行。 10度は、届かない人の方が多いのではないかな?と思います。 特に女子。   だけど、10度ってね、 実はそんなに離れて …

同音連打はタンギングし直すように。

● 拍をまたぐ同音連打は、タンギングし直すように。     和音の同音連打、ポジションも手の形も同じなので、 弾きやすいと思います。   だけど、ちょっとだけ気をつけたい事があります。 &n …

拍を感じて、イメージする

● 拍を感じて、イメージする   この変奏は、どんな雰囲気かしら? 何をイメージできるかしら?   と投げかけたら、私が持っているイメージと、 同じモノを、返してきた生徒ちゃん。   それを …

動きが変わった時は、何かのサイン

● 動きが変わった時は、何かのサイン     画像2小節目に注目してみましょう。   1小節目とは、動きが異なりますね。 同じように始まるけれど、終わりが違う。   下段(ヘ音記号 …

1 2 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 荒井ピアノ教室(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.