正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

タグ : ピアノ協奏曲

ベートーヴェン、ピアニストとしてのデビューのエピソード

むかし買った本を再読してみました。えぇ、大好きなベートーヴェンさまです。すると、結構早いところでベートーヴェンの「ピアノ協奏曲第2番」の話しが出てきました。 そんなベートーヴェンと、ベートーヴェンのピアニストとしてのデビ …

2音間スラーは、手首を使おう!

● 2音間スラーは、手首を使おう!   この右手のように、2音ずつスラーが 付いている場合は、 1音目の打鍵で手を落として、 2音目のの打鍵で手を上げる。   これが基本の動き。 しかし、このような重音の場合は …

響きの変化を感じよう!

● 響きの変化を感じてみよう!   美しい音楽の始まり。 このハーモニーを、存分に味わいたい、  味わって欲しいな、と思います。 これを味わうと、直後にこう変化します。 音程が、三度上がって繰り返されます。 こ …

表情を作る前に、知っておくべき事

● 表情を作る前に、知っておくべき事   「16分5連符+16分5連符+16分6連符+(普通に)16分音符四つ」 つまり、4分の4拍子で、各拍ごとに入る音数が異なります。 →「5」「5」「6」「4」 となります …

第一音で印象づける方法

● 第一音で印象づける方法   きっと多くの人が、 印象深く記憶に残ると思われる  この冒頭。   ただのフォルテシモじゃ、ないの。   その第一音で惹き付けられなければ、 その後を聴こう、 …

ピアノや勉強に終わりがないように、動きは止まらない

● 音は次へ、そのまた次へと向かっていく。それはまるでピアノ学習や勉強のよう。   和音の装飾音は、それをジャンプ台として、次の16分音符フレーズへ向かってい来ます。 そして16分音符フレーズは次の和音装飾音へ …

【レッスン動画】ショパン「ピアノ協奏曲第1番」から

● ショパン「ピアノ協奏曲第1番」第1楽章から、高2ちゃん 高2のNちゃんは、ピアノ協奏曲を学ぶのは、これが2曲目です。 しかしピアノ協奏曲は長いので、時間がかかります。   そういえば、先日、彼女のお友達女子 …

【演奏動画】ショパン「ピアノ協奏曲第1番」から

● ショパン「ピアノ協奏曲第1番」第一楽章から、女子高生と練習を録画   女子高生の一人が、ショパン「ピアノ協奏曲第1番」第一楽章に挑んでいます。 彼女がレッスンでピアノ協奏曲に取り組むのは、これが2曲目です。 …

【動画公開】二台ピアノの合わせ練習。サロンまであと10日。

今日は祝日で、10日後のサロン・コンサートに 出る生徒のレッスンが多かったので、 ・二台ピアノの合わせを録画してみました。   一人目は今回最年少、小2のRちゃん。 三枝隆さん作曲「水の歌」 この曲は、私が依頼 …

新しいお仲間と、二台ピアノの演奏動画公開

・香港教室に、新しいお仲間(生徒)が二人入りましたよ♪ヨロシクね! ※ 写真は香港教室で最年少の小1のSちゃんが作ってきてくれたもの♪     めまぐるしい日々。 伝えたい事はいっぱいあるのですが、追 …

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 荒井ピアノ教室(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.