正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

タグ : ピアノ

多声フレーズや両手別の動きが分断されないよう意識する

ピアノは右手と左手で違う動きをしなければなりませんよね。もし同じメロディを両手で弾くとしても(ユニゾンだとしても)使う指は違います。 そんな両手別の動きや片手に二声の動きがある場合、頭の中がこんがらがってしまいますよね。 …

似ているリズムや楽譜上の間隔に注意!聴きやすくするためのコツ

一見同じように見える、よく似たリズムは気を付けないと違うリズムを奏でてしまいます。また、リズムを正しく理解していないと、楽譜上に音符が描かれている間隔にまどわされがち。 ピアノを弾くことに必死になって、譜読みはちゃんとし …

譜読みを意識するだけで大事にする音の動きも歌も見えてくる!

譜読みは大事と言うけれど、音を正しく読み取ると一言で言ってもそんなにやさしくない。音の動きはわかっていても、それらの音の動きに何かを感じたり意味があるのか?と、一歩踏み込んで考える事が出来るようにするには、どうしたらいい …

リズムで会話を作り、盛り上げるタイミングを考えてみよう!

8分休符+8分音符というリズムから、あなたが感じるものはどんな事でしょう?このリズムのタイミングはどんなもの?考えたことはありますか? 今あなたが弾いているそのフレーズは、一体どこへ向かって盛り上げていくのでしょうか? …

音楽の流れを生み出す方法とアルペジオの弾き方のコツ

アルペジオは流れるように弾きたいのに、何度練習してもボテボテ・・・何だかぎこちなくて音楽が流れているような気がしない・・・あなたはピアノの練習をしていて、そんな風に感じたことはありませんか? ピアノでアルペジオを弾くには …

バッハ・装飾音の考え方を身につけよう!

あなたがバッハの作品を弾く時、困ることはありませんか? バッハの世界は壮大で、様々な作品があり魅了されるものばかり。しかしいざ弾くとなると、多声音楽で声部が入り混じっていて弾きにくいとか、アーティキュレーションをどうした …

ピアニストの筋肉と奏法について理解できればもう辛い弾き方と別れられる!

日々のピアノ練習の中で、弾きにくいとか辛い、あるいは何度練習してもうまく弾けるようにならない、そんな風に感じることはたありませんか? 正しい体の使い方を知るのは難しいことではありません。正しい方法を理解して実践できればと …

オクターブ・トレモロを脱力して弾く方法

トリルやトレモロにうねるアルペジオが続くフレーズは、手や腕に力が溜まりやすくて疲れやすく弾きにくいと感じたことはありませんか? 「いや〜!手が辛い!しんどいんです!」そんな声を何度も聞きました。 こんなオクターブ・トレモ …

黒鍵白鍵が入り交じるフレーズで気を付ける事は何?跳躍のポイントは?

黒鍵と白鍵が入り交じるフレーズで弾きにくさを感じたことはありませんか? どうして弾きにくいのかしら?何か気を付けたら弾きやすくなるのかもしれません。そんな事を考えてみたことはありますか? 跳躍が続くフレーズが弾きにくいと …

突然の強弱変化の付け方

ピアノ(p 弱く)からクレッシェンド(だんだん強く)の指示もなく突然フォルテ(f 強く)になったり、その逆でフォルテから突然ピアノになったりという強弱の変化は、一体どうやったらいいのでしょうか? 例えばこんな画像のような …

1 2 3 98 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 荒井ピアノ教室(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.