正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

タグ : ピアノ

音のつながりをイメージしてみると打鍵の仕方が見えてくる!

メロディがどこにあるかわかっていても、歌っているつもりでいても、何だかしっくりしないことはありませんか? 右手ばかりが気になって左手を全然聴いていなかったなんてことは、ありませんか?もしかしたら繋がりがあるのかもしれませ …

音の伸びを味わうのに必要なのは呼吸とイメージの持ち方

「音の伸び」はたっぷり味わいたいところ。でもね、音の伸びって、音価の長い音符に限らないんですよ。そしてやっぱり呼吸を合わせるととっても自然に味わえますよ。 では音の伸びをどう味わうか?イメージをどう持つか?について、例を …

手は無理をしなくても広がる!

ピアノを学んでいくと、ある時期「オクターブ(8度音程の幅)」が届く届かないという「手の状態」に悩まされるでしょう。これは子供に限らず大人でもね。あなたはそんな経験はありませんか? 人によって差はありますが、小2くらいから …

伸びゆく音を味わうと何が変わるのか?推進力を出す方法とは?

伸びる音、例えば2分音符とか全音符って、打鍵したらそれで終わっていませんか?え?それじゃダメなの?って? どうしてその音は伸びる音なのでしょう?その伸びを、味わってみませんか?味わうとどうなるのか?体験してみませんか?そ …

音のバランスを聴く!欲しい響きになっているのか?

あなたが出しているその音は、あなたが欲しい響きになっているのでしょうか?それを気にしてみたこと、ありますか? 明日の練習では、ゆっくり弾いてみましょう。全部ではなくていいのです。ある一部分・1フレーズだけでいいのです。い …

手の形と呼吸と打鍵のバランスと表情を考える

フレーズ単位で捉えて歌う・表現を考えるのは大事なことです。森を見て樹を見ずですが、たまには「1音」にこだわってみましょうか。今日は「樹を見て森を見ず」作戦です。まず「1音」にこだわりを持てなければ、フレーズという大きな単 …

和音を弾く時の手の形と装飾音の弾き方

学校が始まったら(新学期が始まったら)途端に学校のことで手一杯・余裕がなくなってしまった5歳くん。今回から日曜日にレッスンに来ることになりました。 この5歳くんに限りませんが、学校が休みの間は伸び伸びと出来て余裕があるか …

ペダルの踏み方ってどうするの?を解消しよう!

ピアノを習っていると、そのうち「ペダル」を踏む(使う)事になります。 ペダル、はて、どうやって踏むのかな?ピアノの弾き方は習っても、ペダルの踏み方までちゃんと習っているでしょうか?ペダルの踏み方も、いろいろあります。細か …

同じ音が続く時の弾き方を考えてみよう

同音連打って、同じ音が続くからラッキー?同じ音が続くのはどうしてなんだろう?何か意味があるのだろうか? 同じ音が続く時に指を替えなきゃいけないのはどうして?絶対替えなきゃだめ?

音の「しっぽ」を聴く*本当に自分の音を聴けているのか確認する方法

メロディは、ソプラノだアルトだバスだ・・・と場所を変えても、それらには「繋ぎ」が必ずあります。繋ぎがなければ、一つの曲になりませんよね? カデンツ(終止形和音進行)もその「繋ぎ」の一つですが、どんな曲もそうそう、わかりや …

« 1 2 3 4 99 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 荒井ピアノ教室(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.