正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

タグ : ベートーヴェン

オクターブ・トレモロを脱力して弾く方法

トリルやトレモロにうねるアルペジオが続くフレーズは、手や腕に力が溜まりやすくて疲れやすく弾きにくいと感じたことはありませんか? 「いや〜!手が辛い!しんどいんです!」そんな声を何度も聞きました。 こんなオクターブ・トレモ …

突然の強弱変化の付け方

ピアノ(p 弱く)からクレッシェンド(だんだん強く)の指示もなく突然フォルテ(f 強く)になったり、その逆でフォルテから突然ピアノになったりという強弱の変化は、一体どうやったらいいのでしょうか? 例えばこんな画像のような …

楽譜を細部まで読み込んで考える

演奏する楽器はピアノに限ったお話ではありません。クラシック音楽を演奏する・演奏するために練習を重ねる時にとても大事なことがあります。それは「楽譜を細部まで読み込んで考える」ということ。 では楽譜を細部まで読み込むとはどう …

音のつながりをイメージしてみると打鍵の仕方が見えてくる!

メロディがどこにあるかわかっていても、歌っているつもりでいても、何だかしっくりしないことはありませんか? 右手ばかりが気になって左手を全然聴いていなかったなんてことは、ありませんか?もしかしたら繋がりがあるのかもしれませ …

伸びゆく音を味わうと何が変わるのか?推進力を出す方法とは?

伸びる音、例えば2分音符とか全音符って、打鍵したらそれで終わっていませんか?え?それじゃダメなの?って? どうしてその音は伸びる音なのでしょう?その伸びを、味わってみませんか?味わうとどうなるのか?体験してみませんか?そ …

何調か理解すれば弾きやすくなる!覚えやすくなる!

あなたが今弾いているその曲、そのフレーズは「何調」か知っていますか?曲の途中で「調号(#や♭の付き方)」が変わる=転調することがありますが、何調に変わったのかわかって弾いていますか? 今弾いているのは何調なのかを理解する …

ベートーヴェン、ピアニストとしてのデビューのエピソード

むかし買った本を再読してみました。えぇ、大好きなベートーヴェンさまです。すると、結構早いところでベートーヴェンの「ピアノ協奏曲第2番」の話しが出てきました。 そんなベートーヴェンと、ベートーヴェンのピアニストとしてのデビ …

フォルテシモに気をつけると次が綺麗に流れる

「フォルテシモ(ff)」と言う記号を見ると、瞬時に頭が沸騰してしまいませんか?フォルテシモは「とても強く」と言う意味だから、フォルテシモを見た途端のパブロフの犬状態? フォルテシモの危険性 「フォルテシモ(ff)」や「ク …

音の動きの中にあるメロディを聴いて埋もれさせずに浮き立たせる方法

ピアノは右手も左手も使うし、ペダルを踏むなら足も使います。同時にやらなければならない事が、ありすぎますよね。だから、本当に大事にしなければならない事=メロディを、「弾いている”わたし”」が思っているほど、綺麗に聴こえてこ …

響きの「伸び」を味わう

● 響きの「伸び」を味わう   コマゴマと動いてきた後の、 少し長く伸ばす音は、 つれなくされやすい。 そんなつもりはないのだろうけど、 何だか、邪険にされてるよう。 動いてきた後の、ちょっと伸ばす音は、 その …

1 2 3 6 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 千の音(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.