正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事
  • HOME »
  • 新着記事 »
  • ベートーヴェン

タグ : ベートーヴェン

指に任せて弾く?音を聴く?

● 指に任せて弾く?音を聴く?     こんなフレーズ。 テンポがブレやすい人の特徴は、 こんなフレーズにあります。   音価の短い音符が続いてきて、 音価の長い音符が出ると、 1拍が短くな …

音のバトンタッチは大好きな人との会話♪

● 音のバトンタッチは大好きな人との会話♪     それぞれのフレーズの弾き始めは、 優しさでいっぱいなのよね。   ところが、左手が語り始める時、 よほど気を付けないと、 右手のフレーズの …

同じ音のスタッカートが続く時に気を付ける事

● 同じ音のスタッカートが続く時に気を付ける事   「同じ音が続く時」というのは、それがレガートでもスタッカートでも、 その打鍵にはとても注意が必要です。 上の画像では、特に注意が必要です。 まず、リズムと音価 …

同じ音でスタッカートが続く時

● 同じ音でスタッカートが続く時   スラー付きの、レガートな動きの後に、 こんな風に、同じ音のスタカートが続きます。 もし、そこにスタッカートがなかったとしたら? 同じ音を続けて弾く時、それを「極めてレガート …

「てのひら」は、口。歌のニュアンスを感じよう!

● 「てのひら」は、口。歌のニュアンスを感じよう!   ピアノを弾く時、私たちの「手」は、歌う時の「口」の役割を果たす。 「指先」は「舌先」だろうか。 「てのひら」は、「口内」だ。 だから、「てのひらの中心」( …

音が伸びて行くのを、聴き届ける

● 音が伸びて行くのを、聴き届ける   この画像では、右手も気になるところ。 いや、ひょっとしたら、「右手が!」気になるところでしょうか? だからかな? 左手が「残念賞」になりやすい。 それは、左手に「歌」があ …

突然訪れる静寂の、作り方

● 突然訪れる静寂の、作り方   この画像には表示がないですが、これ、「フォルテ」での、音階下降フレーズです。 一気に落ちてくる・・・ まるでジェットコースターで急降下するよう。 なのに・・・その直後ってば、こ …

手前へ引かず、上げて奥へ

● 手前へ引かず、上げて奥へ   装飾音が付いてスラー、レガートで弾くとなると、 和音でスラー、レガートで弾くとなると、 途端に息が止まって苦しくなってしまう。。。 なぜ、鍵盤に「しがみついて」「息をする事を、 …

頑張る頑張らない、手前か奥か?真逆をいく

● 頑張る頑張らない、手前か奥か?真逆をいく   右手も左手も、それぞれ二声あります。 右手は上声がメロディ。 下(内)声はハーモニーを成す伴奏。 しかし、その開きがオクターブに及ぶため、手はつい、一生懸命開い …

2音間スラーの打鍵法は、1つじゃ、ない

● 2音間スラーの打鍵法は、1つじゃ、ない   ヘ音記号(下段)に描かれている16分音符の動きです。 これはヘ音記号のところに描かれていますが、実際に弾くのは、右手。 「ソ」と「シ♭」の2分音符和音を押さえなが …

1 2 3 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、メンタル・コントロールなどについて、月・木曜日の朝6時に配信。ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

6人の購読者に加わりましょう

PAGETOP
Copyright © 荒井ピアノ教室(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
↑ Back To Top ↑