正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事
  • HOME »
  • 新着記事 »
  • モーツァルト

タグ : モーツァルト

掛け合う会話の呼吸とリズムを感じて躍動感を出す方法

右手と左手で、メロディが掛け合いになる時、何を感じるでしょうか? 弾きにくい?面白い?何を弾いているか、わからない? それなら、掛け合う会話の呼吸とリズムを感じてみましょう。 ねぇねぇ、 お母さんと話す時、 お父さんと話 …

音階もグルーピングしてみよう!

● 音階もグルーピングしてみよう! こんな音階のフレーズは、いろんな曲に登場しますね。 こんな音階フレーズも、グルーピングしてみましょう。 ただ指遣いを守って弾くだけの、 (もしや指遣いもいい加減になりがちでは?) 音並 …

どう弾いたらいいかわからなかったら俯瞰する

● どう弾いたらいいかわからなかったら俯瞰する   こちらの楽譜では、下の2段をピアノが弾きます。 このように、和音が変化して刻んでいくような、そんなフレーズ。 どう弾いたらいいのか、どう気持ちを込めたらいいの …

シンコペーションを味わおう!

● シンコペーションを味わうと、気持ちいい!   まず、「シンコペーション」に気付くといいね。 シンコペーションの、強拍移動のお約束だけじゃなくてね、 「そファ〜あみ」 その、「ファ〜あ」の伸びを、 是非、たっ …

トリルの弾き方

● トリルの弾き方   トリルは(も)、頑張らない。 「ドレドレドレドレ」だけど、 「ドレドレドレドレ」とは、弾かない。  って、これで伝わったら文字力すごい!w そうね、例えば、ケーキを作っていて、 お菓子を …

長い音階フレーズは、指遣いと打鍵が要

● 長い音階フレーズは、指遣いと打鍵が要   曲の中には、よく、音階フレーズや アルペジオのフレーズが登場します。 あ〜、この曲、音階が多くてね・・ アルペジオが多くてね・・・ 和音が続くの苦手でね・・・ よく …

いつも気持ちはゆったりと

いつも気持ちはゆったりと   画像で赤の→を入れている音、 その4分音符の響きの最後まで、 「ゆったりと」聴いてあげようね。 次へ、焦って飛んでしまう必要は、ないよ。   いつも、いつも、 「今をたっ …

その音を弾く前に、想像する

● その音を弾く前に、想像する   主題が何度も出てきます。 時に調を変えて。 最初の第1音、この「ラー♪」って、 一体、どんな音頭? どんな空気感なのかしら? 弾いてしまう前に、ちょっと想像してみて! 想像す …

スタッカートを考える

● スタッカートを考える   左手のスタッカート、 あなたなら、どんな風に弾くでしょう? そこに「スタッカートがある」から、と、 いつ、どのような曲でも、どのようなフレーズでも、 同じような打鍵・離鍵をしていま …

どの音を、聴く?

● どの音を、聴く?   和音(重音)を弾く時、 ちょっと意識したいな、 意識したら、いいんじゃない? と思うのが、 「どの音を、聴く?」 という事。 この画像の、前からの繋がりもあるので、 ここだけを見て、こ …

1 2 3 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 荒井ピアノ教室(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.