正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

タグ : 人形の夢と目覚め

跳ねた後に伸ばす音の、扱い方

● 跳ねた後に伸ばす音の、扱い方   「ミドソッ ミドソッ」と、   軽快に跳ねる。 「シッレッ」も軽快。 ところが、続く「れ」は4分音符で、 スタッカートはありませんね。   ここは「跳ねない」と、 …

同じ音が繰り返される時に気をつけるコト1

● 同じ音が繰り返される時に気をつけるコト1   「同じ音が繰り返される」時には、 いろいろと気をつけるコトがあります。 今日はその一つを。   スタッカートは、付いていません。   だから …

頑張らない。ただ「聴く」だけ。

● 頑張らない。ただ「聴く」だけ。   アーティキュレーションに、気を配って練習してきたのがよくわかる演奏。 えらいね、よく気をつけて練習してこれたね。 本当にえらいよ! さて。そこまで出来るようになったらね、 …

水風船のヨーヨーの様に、手首を使う

● 水風船のヨーヨーの様に、手首を使う   難しいのは左手。 左手だけを取り出してみれば、全てが8分音符のスタッカートなので、シンプルです。   しかし、右手と左手で逆の動きをするのは、易しい事ではあ …

聴く耳を育てる

● 聴く耳を育てる   右手だけなら、キレイにレガートで弾ける。 左手はベースが保持音。 保持することを意識していると、保持音が変わる時に、浮く。 左手が浮くと、右手も つられて浮いてしまう。 すると、歌が切れ …

同じ音が続く時に 気をつけたい事

● 同じ音が続く時に 気をつけたい事   右手の「レーレ|レーミ|ドーー」の、「レーレ|レー」 この2音めの打鍵・離鍵。   これは、気をつけないと、わずかでも素早くなってしまう。 すると、まるでスタ …

右手と左手のタイミングは、同じじゃない

● 右手と左手は、別の人の掛け合いだから、タイミングは同じじゃない   右手は一つの歌が終わり、次の歌へ入ります。 そのために、スラーの終わり・休符では手を上げる。 上げてから、次へ「入り直す」。   …

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 荒井ピアノ教室(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.