正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

タグ : 呼吸法

クライマックスへの効果的な呼吸法

曲には、大なり小なり幾つかのクライマックスがあります。クライマックスへ向かっている事がわかるようにするには、どうしたらいいのでしょう? クライマックス・盛り上がっていることをわかりやすく伝えるためには、呼吸法が重要です。 …

音の伸びを味わうのに必要なのは呼吸とイメージの持ち方

「音の伸び」はたっぷり味わいたいところ。でもね、音の伸びって、音価の長い音符に限らないんですよ。そしてやっぱり呼吸を合わせるととっても自然に味わえますよ。 では音の伸びをどう味わうか?イメージをどう持つか?について、例を …

手の形と呼吸と打鍵のバランスと表情を考える

フレーズ単位で捉えて歌う・表現を考えるのは大事なことです。森を見て樹を見ずですが、たまには「1音」にこだわってみましょうか。今日は「樹を見て森を見ず」作戦です。まず「1音」にこだわりを持てなければ、フレーズという大きな単 …

肩甲下筋のツボを意識で脱力!呼吸を意識でグンと弾きやすくなる!

手首に力が入ってしまうとか、ヒジに力が入る・腕全体に力が入る・肩に力が入ってしまって、無意識のうちに肩が上がってしまう・・・そんな事はありませんか? ピアノを弾く時に、呼吸をしていますか?呼吸を意識していますか?息が止ま …

掛け合う会話の呼吸とリズムを感じて躍動感を出す方法

右手と左手で、メロディが掛け合いになる時、何を感じるでしょうか? 弾きにくい?面白い?何を弾いているか、わからない? それなら、掛け合う会話の呼吸とリズムを感じてみましょう。 ねぇねぇ、 お母さんと話す時、 お父さんと話 …

香港教室 冬休みの特別レッスン受付中

● 香港教室 冬休みの特別レッスン受付中   香港も、ようやく長袖に、上着が欲しい時期になりました。 ようやく!です。 香港にある学校は、早いところでは 来週から冬休み(クリスマス・ホリデー)に入ります。 再来 …

音型に合わせて呼吸する

● 音型に合わせて呼吸する   呼吸が止まってるかもしれない? とか、 気付いたら呼吸が止まってた!? どうやって呼吸したらいいか、わからない・・・? という方へ。 一番シンプルな呼吸法です。   ・ …

「間合い」を作るのは、「呼吸」

● 「間合い」を作るのは、「呼吸」   画像の下の段、 中央あたりに「sostenuto」と書かれている所。 「ピアニシモ」になって、クレッシェンドしていく。 その時、音域が下がります。 それって、どんな感じか …

2音間スラーは、動きも呼吸も一つ

● 2音間スラーは、動きも呼吸も一つ   今日は、左手のお話。 4分休符を受けて、単音「れ」から オクターブ「そ」へ。 その繰り返し。 オクターブ「そ」は、拍頭ではありますが、 ちょっとだけ、気をつけたらいいな …

リズムを知る

● リズムを知る   今日は言葉少なく、短くお伝えします。 上の画像の、リズムを知る、と言うことです。 えーそんなの、簡単〜! と思うかもしれませんね。 この曲に限りませんが、 向き合う事になった曲も、 時間を …

1 2 3 4 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 荒井ピアノ教室(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.