正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事
  • HOME »
  • 新着記事 »
  • 呼吸法

タグ : 呼吸法

【御礼】4月の東京レッスン終了

● お陰様で、4月の東京レッスンも、無事終了しました。 あっという間だったなぁ…     お陰様で、本日も、東京でのレッスンをさせて頂く事が出来ました。 今日の皆様とのご縁に、心から感謝申 …

一息で歌うフレーズを知っておこう!

● 一息で歌うフレーズを、知っておこう!   もし、 「音楽に合わせて、呼吸って、どうしたらいいのか、わからない」 と言うことが気になっているのなら、  ご参考までに。     4分の3拍子 …

【御礼】2月の東京レッスン

● 東京でのレッスン、ありがとうございました。   お陰様で、今日の東京でのレッスンを、 させて頂けました事に、感謝申し上げます。   本日のレッスン曲です。 ・ショパン「ノクターン」Op.9-1 ・ …

呼吸をコントロールする。

● 呼吸をコントロールしよう!   このように、伸ばす音符でクレッシェンドをする場合。 呼吸のコントロール一つで、 音が広がっていく感じを出すことができます。   そのイメージは、ホーン・セクションの …

息の長い演奏をする方法

● 息の長い演奏をする方法   人は「待つ」事が、苦手のようです。 楽譜の中で 「伸ばす音符」「長い音符」(休符やフェルマータも)、 それらが出てきても、十分にそれを感じる事ができない。 (感じにくい)   だ …

息継ぎをする「間」を大事にする

● 息継ぎをする「間」を大事にする   この画像の1小節目は、それまでのフレーズの終わり。 そして2小節目は、次のフレーズの始まりです。   楽譜に書かれていることを、そのまま正しく丁寧に、読み取って …

【御礼】2016年最後の東京レッスン終了

● 2016年も、東京レッスン、ありがとうございました!   こちらも、日が経ってしまいました。 ご関係者の皆様、遅くなってごめんなさい、と、ありがとうございました!   先日、2016年の東京レッス …

「てのひら」は、口。歌のニュアンスを感じよう!

● 「てのひら」は、口。歌のニュアンスを感じよう!   ピアノを弾く時、私たちの「手」は、歌う時の「口」の役割を果たす。   「指先」は「舌先」だろうか。 「てのひら」は、「口内」だ。 だから、「ての …

【御礼】9月の東京レッスン終了

● お陰様で、9月の東京レッスンも満席で終了 !   昨日は朝から晩までスタジオに缶詰め。 長丁場を覚悟していましたが、あっという間に終わっていました。 昨日は手違い(感違い)で、ネットに繋がらなかったので、方 …

長いラインを一息で捉えるには、どうしたらいいだろう?

● 長いラインを一息で捉えるには、どうしたらいいだろう?   4分の3拍子だけれど、第3拍から始まるそのフレーズは、3小節目の第1拍まで続きます。 1音1音を大事にしすぎるあまり、この3小節に渡る8音(4分音符 …

1 2 3 6 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、メンタル・コントロールなどについて、月・木曜日の朝6時に配信。ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 荒井ピアノ教室(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
↑ Back To Top ↑