正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

タグ : 多声

多声フレーズや両手別の動きが分断されないよう意識する

ピアノは右手と左手で違う動きをしなければなりませんよね。もし同じメロディを両手で弾くとしても(ユニゾンだとしても)使う指は違います。 そんな両手別の動きや片手に二声の動きがある場合、頭の中がこんがらがってしまいますよね。 …

多声(ポリフォニー)フレーズの練習法

多声(ポリフォニー)音楽とは、複数の声部が協和し合う(絡み合う)音楽。ピアノではバッハの作品がポリフォニーの代表のような存在ですが、うんとわかりやすく言うと、始まりは「カエルの歌」だろうし、少し発展(大きく)なれば中学生 …

一人何役?

● 一人何役?   フレーズとしては1小節単位ではなく、 もう少し大きなまとまりです。 だけど、一つのフレーズの中にも 様々なアーティキュレーションがある。 そして、それに合わせた呼吸がある。 それは会話と同じ …

多声は歌の行方に気をつけよう!

● 多声は歌の行方に気をつけよう!   画像の右手です。 「らーそふぁみれ」と、歌ってきます。 ではその後、その歌は  どのようになるでしょうか?     「らーそふぁみれ|ししらそふぁみ」 …

複数の音のラインを同時に聴き続ける方法

● 複数の音のラインを同時に聴き続ける方法   ピアノ弾きは、両手両足を同時に、別の動きをしなければならないので、まるで聖徳太子のようで、スゴイ!です。 えらいですよね、私たちって(笑)。 こんな大変な事を一生 …

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 荒井ピアノ教室(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.