正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

タグ : 子供の領分

subitoピアノ・piuピアノについて考えてみよう

ピアノ(p)とは、「弱く」という強弱記号ですね。でも「弱く」という意味は1つじゃないと思うの。弱くは「静かに」?「消えそうな音」? それとも悲しい時の感じかしら?具合が悪くなって動けない時のような感じ? 「ピアノ」の意味 …

同音連打は、落とさない

● 同音連打は、落とさない   これは、両手交互の同音連打ですが、 片手での同音連打でも、同じ事です。 同音連打がうまくいかないのは、 鍵盤の戻りと打鍵のタイミングが うまい塩梅にならないから。 すると、どんど …

フォルテに向かう音を想像しよう!

● フォルテに向かう音を想像してみよう!   ドビュッシー「小さな黒人」の一部分。 クレッシェンドして行って、フォルテになる。 「クレッシェンドして行って」フォルテだ。 始めからフォルテなのとは、違います。 & …

音の動き/響きを想像する

● 音の動き/響きを想像する   音数は、そう多くありません。 比較的、鍵盤も掴み易いと思う、このカタチ。   だけど、片方の手にスタッカートがあると、 つられやすいのです。 左手は全てスタッカートで …

受け渡しは、優しく撫でるように

● 受け渡しは、優しく撫でるように     単旋律なのに、左手から右手へと 音を受け渡して弾くフレーズは、よくありますね。   この時、大事なのは、 「まるで片手で弾いているように、なめらか …

アーティキュレーションを理解すると、音が踊り出す!

● アーティキュレーションを理解すると、音が踊り出す! この画像の左手のように、低音を押さえて(伸ばして)おかねばならない場合、 ものすごく気をつけないと、左手の上のラインもレガートで弾いてしまいます。   & …

肩甲骨の内側から広げて弾く

● 肩甲骨の内側から広げて弾く     赤●を付けた所です。   第1拍から第2拍へ行く時に、 どちらもフォルテシモでアクセントだから! と思うと、一生懸命頑張って、 エイヤー!って弾きに行 …

速いパッセージこそ、準備とタイミングを大事にする

● 速いパッセージこそ、準備とタイミングを大事にする   最後を、ガツン!と決められたらカッコイイ曲、 ありますよね。   ガツン!とカッコ良く決めるつもりが、 あ〜ぁ。。。滑っちゃった・・・  とか …

滑りやすい曲、どうしたらいい?

● 滑りやすい曲、どうしたらいい? photo by pei_monogaga   ご質問を頂きました。 滑りやすい曲の場合、最初にゆっくり練習をしてからでないと上手く弾けません。 でも、家で練習してる時はとも …

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 荒井ピアノ教室(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.