正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事
  • HOME »
  • 新着記事 »
  • 悲愴ソナタ

タグ : 悲愴ソナタ

和音の動きはグループ分けすると弾きやすくなる

● 和音の動きはグループ分けすると弾きやすくなる     右手の、和音が動いて行くフレーズ。 始めのうちは良くても、 ポジションを移動して行くと、 どんどん指が外れて行く。 欲しい(弾きたい)音と違う …

拍の感じ方

● 拍の感じ方   拍がわからなくなっちゃう (いい加減になっちゃう)度の高いフレーズです。 左手の休符の数が、見事に合いません。   拍がいい加減になりやすいものに、 このフレーズと、 同じ作曲家の …

歌のラインをきちんと聴こう!

● 歌のラインをきちんと聴こう!   単音から始まるフレーズ、 途中から和音になります。   すると、それぞれの和音の形が変わるので、 それを掴む事に意識が行ってしまうのかもしれません。   …

合わないなら、合わない原因を見つけよう!

● 合わないなら、合わない原因を見つけよう!   なんか、ずれるっ!  と言う、訴え。 うんうん、ずれるんだ、なぜぇ?と、 気付き、その状態を認められたの、えらいよ。 「まぐれで外れた」わけじゃ、ないからね。 …

どこに向かって行くのか?を、知る

● どこに向かって行くのか?を、知る   「今」、発している音は、 「今」を終えたら終わりじゃ、ない。 「今」、発している音は、 「次の音」に、エネルギー(感情)が向かって行く。 場合によっては、「次の音」は、 …

トレモロは、エネルギーを下に向けない

● トレモロは、エネルギーを下に向けない   画像の後半です。 内声の、8分音符の動き、 このようなトレモロは、 頑張らない。 それらの音を弾く指は、 なるべく鍵盤から離さない。 なるべく、鍵盤に寄り添うように …

ペダルで耳を育てる

● ペダルで耳を育てる   昨日発行したメールマガジンも、同じお題でした。 画像があると、視覚的に分かりやすいかしら? と思ったので、こちらでもお話ししましょう。   ペダルを踏む/使う、というのは、 …

音量を落とすためにコントロールする

● 音量を落とすためにコントロールする   画像3小節目の「p」の前の小節で、 既に「pp」なのだけれど、 そこに至るまでのフレーズのテンションのまま、 ここに入ってしまうと、 とても音量は落とせない。 &nb …

めっちゃ重い物を持つように、掴む!

● めっちゃ重い物を持つように、掴む!   ハ短調の主和音、フォルテピアノで始まります。   それは、どんな音がするんだろう? どんな響きがするんだろう? どんな風に、体に響いてくるんだろう? &nb …

終わりまで大事に!

● 終わりまで大事に!   右手がメロディ、左手は伴奏形です。   この画像のように、左手の伴奏が一度終わる時、 その最後の音はどのようにして終わるのでしょう? どのように弾いてあげれば、 右手の動き …

1 2 3 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、メンタル・コントロールなどについて、月・木曜日の朝6時に配信。ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 荒井ピアノ教室(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
↑ Back To Top ↑