正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事
  • HOME »
  • 新着記事 »
  • 指遣い

タグ : 指遣い

長い音階フレーズは、指遣いと打鍵が要

● 長い音階フレーズは、指遣いと打鍵が要   曲の中には、よく、音階フレーズや アルペジオのフレーズが登場します。 あ〜、この曲、音階が多くてね・・ アルペジオが多くてね・・・ 和音が続くの苦手でね・・・ よく …

三度和音のトリル、指遣いを考える

● 三度和音のトリル、指遣いを考える   こんな、三度音程の和音のトリル、 イヤですねぇ(笑)。 だってこれ、3小節続くのですよ。 これを見て、先へ進めるのをやめた、 という生徒さんの気持ち、 その時の表情が、 …

後に繋げやすい指遣いを考える

● 後に繋げやすい指遣いを考える   画像は、左手ヘ音記号で、ヘ長調。 「シ」に♭が付きます。 楽譜には、赤丸の最初の音に 「3」と、指番号が書かれています。 その「シ♭」を、「3」の指で弾けば、 そのあと「し …

指くぐりの指遣いと捉え方を考える

● 指くぐりの指遣いと捉え方を考える   画像の赤丸です。 「そしどれ」 「そ#」が「2」の指で、 次の「し」は「1」の指をくぐらせて上がって行く。 その次の「ど#」には、 「2」の指を持って行けば良いだろうか …

危険度の少ない指遣いを、考える

● 危険度の少ない指遣いを、考える   初めの和音「ドミソ」を、 「5 3 1」で取りました。 そうしたらMちゃん、 その後の、降りていく「そ ど」を、 「5 5」の指で、ぽんぽんっ と 弾んで降りて行きました …

指遣いを考える

● 指遣いを考える   画像の楽譜には、初めから指遣いが書き込まれていますが・・・ この通りでなければいけない、  と言う事はないけれど・・・ 書いてあるなら、ちょっと見てみましょうよ。 一度は、その指遣いで弾 …

指遣いや回転の、意識の置き所を変えてみる

● 指遣いの、意識の置き所を変えてみる   「アルペジオの、意識の置き所を変えてみる」に通じるコトです。   前回はアルペジオでしたが、今回は 「細かい動き」が回転しながら上がっていく右手と ちょっと …

指遣いを考える

● 指遣いを考える   右手の段は、ヘ音記号表示です。 このフレーズは、右手は4小節同じ事が繰り返されますが、 人によって違うかもしれませんが、 「難点」の引き金を引く要素が二つあります。 一つは、ヘミオラだ、 …

自分で指遣いを決められるようになろう!

● 自分で指遣いを決められるようになろう!   10日後に迫りました。 ベルギー在住の、チェンバリストで通奏低音奏者・ピアニスト・作曲家の末次克史先生をお招きしてのバッハ講座です。 私たちピアノを弾く人たちは、 …

バッハに近付く道

● バッハに近付く道   バッハ(作品)が好き! バロックが好き! なんか、好き! よくわかんないけど、好き! 難しいけど、好き! 他の作曲家(の作品)と、 どう違うのか、よくわかんないけど、好き! 難しいけど …

1 2 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 荒井ピアノ教室(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.