正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

タグ : 湯山昭

黒鍵と白鍵の交互奏に気を付けアーティキュレーションを正しく読み取る

何気ないフレーズ、大して難しくもないフレーズなのだけど、なぜかギクシャクした印象を持つ事はありませんか?アーティキュレーションを正しく読みとるって、どうするんだろう? そんなお話をしてまいります。 黒鍵と白鍵の交互奏で気 …

メロディは、潜んでいるかもしれない

● メロディは、潜んでいるかもしれない   この画像のこのフレーズ(あるフレーズの終わりです)、 普通に考えると右手の音がメロディでしょうか。 でも、メロディって、一つとは限らないでしょ? ポリフォニック(複声 …

歌の美味しさを想像しちゃおう!

● 歌の美味しさを想像してみよう!それだけで良いバランスになる!   強弱記号が「p」と書かれていたら、 途端に「恐る恐る弾き」に、なってしまいませんか? この画像のように、「ピアノ」と書かれていても、 右手と …

拍子とニュアンスを考える

● 拍子とニュアンスを考える   2分の2拍子です。 2拍子を感じたいけれど、 「ドシファソ ラーーー」   と、杓子定規に弾いてしまっては、面白くない。 音楽的じゃ、ないんじゃないかしら?   楽譜 …

音はどこまで繋がっているのか?最後まで聴こう

● 音はどこまで繋がっているのか?最後まで聴こう   「どーーーしーどー しーふぁーふぁーー」 と、シンプルながら美しい歌が「繋がっている」事は、わかっている。     わかってるのよね。 …

楽譜の読み方には順番がある

● 楽譜の読み方には順番がある   右手の和音三つ。 これ、共通するコトは、何だろう? 共通する音はないかな?  と探すのが第1。   三つの和音を、縦割りで「別物」としては読まない。 こういうのは、 …

ポジション移動は膨らみを持って

● ポジション移動は膨らみを持って   右手は三度和音で、同じ指使いで下降の音階です。 一見やさしそう? でも、弾く本人にとっては大変なコト。 こんな時には、もう一方の手(左手)は 手指の形を変えなければいけな …

聴きたい音はどこにあるだろう?

● 聴きたい音はどこにあるだろう?     自分の中で、 「ココがメロディだも~ん♪うふふふ~☆」 と、わかっていても、 あなたが思っているように 「聴こえている」(伝わっている)とは限りません。 & …

ちょっと気遣って、飛ぶのを防ごう!

● ちょっと気遣って、飛ぶのを防ごう! 気を付けたいのは、この画像で赤○をしている 左手の4拍目の4分音符。   飛びやすいの。 次の音に向けて。 次の音を打鍵する「準備」をしようとして、 無意識のうちに飛んで …

呼吸をコントロールする。

● 呼吸をコントロールしよう!   このように、伸ばす音符でクレッシェンドをする場合。 呼吸のコントロール一つで、 音が広がっていく感じを出すことができます。   そのイメージは、ホーン・セクションの …

1 2 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 荒井ピアノ教室(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.