正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事
  • HOME »
  • 新着記事 »
  • 演奏法

タグ : 演奏法

同じ音が繰り返される時に気をつけるコト1

● 同じ音が繰り返される時に気をつけるコト1   「同じ音が繰り返される」時には、 いろいろと気をつけるコトがあります。 今日はその一つを。   スタッカートは、付いていません。   だから …

段階が上がるのを、想像する

● 段階が上がるのを、想像する   楽譜は横に読んで行きますよね。 「模様読みする」などと言う事も、あります。   まさにそれです。 視覚から得られるものを、感じて見ましょ。   画像のよう …

和音の動きはグループ分けすると弾きやすくなる

● 和音の動きはグループ分けすると弾きやすくなる     右手の、和音が動いて行くフレーズ。 始めのうちは良くても、 ポジションを移動して行くと、 どんどん指が外れて行く。 欲しい(弾きたい)音と違う …

先に、準備しておく

● 先に、準備しておく   はじめの二つの和音は、二つとも 打鍵する前に、打鍵すべき鍵盤に 指を準備しておく。 (それぞれの和音を掴む形にしておく) 1つ目から2つ目の和音へは、 それぞれの音がどのように動くの …

脱!縦の動き!回転させるとラクになる

● 脱!縦の動き!回転させるとラクになる   こんな右手の16分音符の動き。 無意識かもしれないけれど、 「指を動かそう」とすると、 1音ずつ、打鍵は縦(上下)の動きになってしまいます。   各音の発 …

フレーズ終わりのスタッカートを考える

● フレーズ終わりのスタッカートを考える   こんな短いフレーズ。 フレーズの終わりの音は、 どんなフレーズでも、注意が必要です。   そんな中でも、この画像のような場合は、 ちょっと考えてみたいとこ …

リーダーは誰?

● リーダーは誰?   こんなフレーズ、 どこに注目するでしょうか? 右手の和音の中で、動いているライン? (和音の下の音の動き?) それとも、左手の8分音符のライン?   どっちも? はてさて、どち …

流されない

● 流されない   どんな場合でも、 もともとの「音符の価値(長さ)=音価」を、 忘れないで欲しい。 例えそこに「リタルダンド」や 「アッチェレランド」などの、 テンポの変化の指示があろうとも。   …

伸びる音を、聴く

● 伸びる音を、聴く   楽譜は、「縦」に読んではいけない。 何故なら、音楽とは、常に動いていく、 流れていくものだから。   縦割りの音になってしまうと、 流れていかない。 次の音へ繋がっていかない …

音価が長くなっていく時は、注意。

● 音価が長くなっていく時は、注意。   画像のように、一度 連符などの 速い音が入った後に、 音価が長くなっていくと、 どうも体内時計が狂いやすいのです。   1拍がどのくらいだったか? 今、自分が …

1 2 3 29 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、メンタル・コントロールなどについて、月・木曜日の朝6時に配信。ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 荒井ピアノ教室(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
↑ Back To Top ↑