正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事
  • HOME »
  • 新着記事 »
  • 演奏法

タグ : 演奏法

跳躍の方向を考える

● 跳躍の方向を考える   ちょっと弾きにくい、 と感じる人が多いだろうフレーズです。 右手も左手も、微妙な跳躍で、 動きがこんがらがります。 (頭の中が、こんがらがります。)   では今日は左手のお …

外側から内側へ動くアルペジオをラクに弾く方法

● 外側から内側へ動くアルペジオをラクに弾く方法   右手も左手も、アルペジオ(分散和音)を、 外側から内側へ弾いていく動きです。   同じようで違うような気がする、 何か違和感を感じるのは、 右手と …

【御礼】4月の東京レッスン終了

● お陰様で、4月の東京レッスンも、無事終了しました。 あっという間だったなぁ…     お陰様で、本日も、東京でのレッスンをさせて頂く事が出来ました。 今日の皆様とのご縁に、心から感謝申 …

テンションを維持する方法

● テンションを維持する方法   劇的に下降してきて、場面が変わる。 それでも、いきなり変わるわけではなく、 始めは同じテンションを保って入りたい。 (画像の、転調する所)   テンションを、そこまで …

トレモロは、エネルギーを下に向けない

● トレモロは、エネルギーを下に向けない   画像の後半です。 内声の、8分音符の動き、 このようなトレモロは、 頑張らない。 それらの音を弾く指は、 なるべく鍵盤から離さない。 なるべく、鍵盤に寄り添うように …

音量を落とすためにコントロールする

● 音量を落とすためにコントロールする   画像3小節目の「p」の前の小節で、 既に「pp」なのだけれど、 そこに至るまでのフレーズのテンションのまま、 ここに入ってしまうと、 とても音量は落とせない。 &nb …

和音は、動きのある音を聴く

● 和音は、動きのある音を聴く   メインの歌は、右手の和音の上の音の動き。 ところが、左手にも歌が隠れています。 左手は8分音符ですが、これを分散和音だと思ってみましょ。 すると、上の音はずっと同じだけれど、 …

意識しなくても指が動くトコロに注意

● 意識しなくても指が動くトコロに注意   「しどしふぁ|そみれど・・・」   ここで考えて欲しいのは、 「しどし」と、「みれど」です。   どうしてだと思う?     …

音階ユニゾンで、大事なコト

● 音階ユニゾンで、大事なコト   両手で同時に音階、というフレーズ、 ユニゾンに限らず、3度や6度音程幅で 並行の場合です。   ちょっと、大事な、気をつけたいコトがあります。   1.  …

ベースラインは、弦楽器を想像してみよう!

● ベースラインは、弦楽器を想像してみよう!   ベースラインに注目してみよう!   はて、どうしてスラーだったり スタッカートだったり、  動きが変化するのだろう?   ベースラインのこん …

1 2 3 26 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、メンタル・コントロールなどについて、月・木曜日の朝6時に配信。ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 荒井ピアノ教室(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
↑ Back To Top ↑