正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

タグ : 表現法

レイヤーを感じてイメージすると表現に奥深さが出る!

曲の中には、同じリズムが繰り返されることがあります。そんな時、あなたは何かを感じるでしょうか?それとも何となくスルー? リズムが同じだから弾きやすい?簡単だ、わ〜い!だけじゃなく、もう少し何かを感じられたらもっとステキな …

表情を作る前に、知っておくべき事

● 表情を作る前に、知っておくべき事   「16分5連符+16分5連符+16分6連符+(普通に)16分音符四つ」 つまり、4分の4拍子で、各拍ごとに入る音数が異なります。 →「5」「5」「6」「4」 となります …

それぞれに物語がある

● それぞれに物語がある dog story by Celeste     もしかしたら、その表面から見えるもの・感じるものだけを拾っていないだろうか? もちろん、「見る」コト、「感じる」コトは、大事 …

イメージの持ち方

● イメージの持ち方     このリズムにスタッカート。 軽く飛び跳ねるようなダンス。   「なんか、お相撲さんの踊りみたいになってるよ! お相撲さんじゃなくてね、◯◯ちゃんのような、 小さ …

オーケストラ化、してみる

● オーケストラ化、してみる Tiltshift Symphony by fiskadoro   もしも、何かに煮詰まったら・・・   煮詰まる、というより、何か、こう、ひらめくものがなくて、自失呆然 …

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 荒井ピアノ教室(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.