正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

タグ : 跳躍

スラーの変わり目と跳躍で気を付けたいコト

ピアノを弾く時、スラーがどのように付いているかは一応チェックするけれど、スラーの変わり目を意識しているでしょうか? 音の跳躍で手が広範囲に渡って動く時、「ひぃっ!大変!忙しい!間に合わないぃぃ!」とパニックになっていませ …

黒鍵白鍵が入り交じるフレーズで気を付ける事は何?跳躍のポイントは?

黒鍵と白鍵が入り交じるフレーズで弾きにくさを感じたことはありませんか? どうして弾きにくいのかしら?何か気を付けたら弾きやすくなるのかもしれません。そんな事を考えてみたことはありますか? 跳躍が続くフレーズが弾きにくいと …

脱力のコツ**内側から外へ

● 脱力のコツ**内側から外へ   左手のこんな跳躍。 「拍」を意識すること、 「拍」に乗る/感じることは、とても大切。 でも、意識する・感じるのと、 動作の意識は、ちょっと別物です。 拍の音のライン(低音のラ …

跳躍移動のコツ

● 跳躍移動のコツ   移動は素早く。 ただし、「準備を素早く」で、 「打鍵」を素早く(急ぐ)では、ありません。   次に打鍵する鍵盤への準備を素早くする。 ちゃんと準備してから打鍵する。 &nbsp …

跳躍は、移動・準備を素早くする

● 跳躍は、移動・準備を素早くする   両手ユニゾンで「みれどしラッ」と下降した後、 跳躍します。   この時、同じ幅で移動するなら、 大した問題にはならないのかもしれません。 また、跳躍して弾く和音 …

跳躍の方向を考える

● 跳躍の方向を考える   ちょっと弾きにくい、 と感じる人が多いだろうフレーズです。 右手も左手も、微妙な跳躍で、 動きがこんがらがります。 (頭の中が、こんがらがります。)   では今日は左手のお …

音が跳ぶ時こそ!最後までこらえて大事に。

● 音が跳ぶ時こそ!最後までこらえて大事に。   赤丸で印を付けた所です。   その次の小節からレイヤーが変わります。 (段階が上がっていく)   音程がそんなに離れているわけでは、ありませ …

肩甲骨の内側から広げて弾く

● 肩甲骨の内側から広げて弾く     赤●を付けた所です。   第1拍から第2拍へ行く時に、 どちらもフォルテシモでアクセントだから! と思うと、一生懸命頑張って、 エイヤー!って弾きに行 …

突然音が飛ぶ時の、捉え方

● 突然音が飛ぶ時の、捉え方   画像の右手です。 オクターブで、「ファソラシラソ ファレー」と、なっています。   「ファソラシラソ」から、7度上の「ファ」に飛びます。 しかも、16分音符。 なんだ …

脱力*オクターブ・トレモロや跳躍の場合

● オクターブ・トレモロや、跳躍での脱力の仕方   大人のあなた、諦めちゃいけません!   練習を一生懸命になってやればやるほど、突き当たる怖い壁があります。 それは、一生懸命が故、次第に体中に力が入 …

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 荒井ピアノ教室(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.