正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!

心と体をラクにする演奏法、身に付けませんか?

お知らせ

2018年6月の東京レッスンご予約受付中

当ホームページをご覧くださり、興味をお持ちくださり、ありがとうございます。 2018年6月の東京でのレッスンのご予約受付を開始しております。 既にご予約で埋まってしまった日もございますが、土日並びに平日の日中でも、ご希望 …

チェンバロから考えるバッハ・ピアノ奏法の可能性〜 Vol.3 バッハ・装飾音の考え方 〜7月15日開催!

バッハの装飾音ってどう弾いたらいいの?どうやって入れたらいいの?全部弾かなきゃだめ?装飾音の記号もいっぱいあって、よくわかんない・・・って思ったことはありませんか? そんなあなたのお悩みを解決!バッハの装飾音の考え方を身 …

荒井千裕ピアノ・リサイタルのご案内(9月2日東京)

お陰様で、2018年も東京でピアノのリサイタルを開催させて頂く運びとなりました。 本日はそのピアノ・リサイタルについて、現時点で決まっていることをご案内致します。

新着記事

東京でのピアノ・リサイタル、ご予約の受付開始のご案内

お陰様で、今年も東京で荒井千裕ピアノ・リサイタルをさせて頂く事になりました!きゃー!嬉しいです♪ありがとうございます! 本日からリサイタルのご予約受付を開始しております。今日はそのご案内です♪

楽譜の読み方その2!低音の動きから進行を予測すると覚えやすくなる!

楽譜を何度読んでも覚えられない・何度練習しても覚えられない、そんなこともあるでしょう。そんな場合は、もう少し別の視点から見てみよう!と提案したのがこちらの記事です。 今日は、低音の動きに注視してみましょう。

テヌートとスタッカートの違いとユニゾン・デクレッシェンドの一つの方法

テヌートとスタッカートの違いはわかってるのよね。だけど、その2つが組み合わさると、何だか頭の中がごちゃごちゃになりませんか? ユニゾンでデクレシェンドする時、何かを感じたりイメージしてみませんか? 今日はそんなお話を致し …

一番面倒なこと、避けていることに手を付けちゃおう!

これ、どうしたらいいんだろう?どうしたら できるだろうか?というような問い(自分自身への問い=考えること)は ありませんか? 練習でもそうですよね。どんなに疑問が出てきてもどんなに考えても、つきない。自分にとってよりよい …

楽譜の読み方

楽譜を何度読んでも覚えられない、弾くたびに考えてしまうなんていうことはありませんか? 次はここ(この辺りのポジション)かな?と予測しても、パッと楽譜を見ると全然違っていたりする。何度練習しても音の動きが覚えられないなら、 …

自分への約束を守るためにやらない3つのコト

大事なことがあって、それをやり遂げたいのになかなか出来ない。そんな事はありませんか?本当に自分に約束したはずなのに・・・ 自分が本当にやりたい事をやり遂げるために、今日は「やらない3つのコト」についてお話しますね。

レイヤーを感じてイメージすると表現に奥深さが出る!

曲の中には、同じリズムが繰り返されることがあります。そんな時、あなたは何かを感じるでしょうか?それとも何となくスルー? リズムが同じだから弾きやすい?簡単だ、わ〜い!だけじゃなく、もう少し何かを感じられたらもっとステキな …

子供と親の心のコーチング

誰もがかつては子供でした。自分が子供だった頃に、大人に言われた理不尽なことを覚えている人もいるでしょう。大人は「後でね」という言葉が好きだ。いい子にして「後で」を待っていても、大人が約束したはずの「後で」は子供には絶対訪 …

アルペジオ・フレーズの意識の置き所を考えてみたら弾きやすくなる?

ピアノを弾く上での「アルペジオ(分散和音)」で、弾きにくさや違和感を抱く事はありませんか? そうは言ってもアルペジオの形もフレーズによって様々。だったらそれぞれのフレーズで「何故弾きにくいのか?」原因を探ってみましょうか …

休符や打鍵の間(ま)を考えて表現力を高めよう!

あなたは楽譜に休符を見ると、何を思うでしょうか?何か感じる?休符の前の音がスタッカートだったら休符は感じやすいかしら? フレーズが続く中、休符がない場合はどうかしら?どこで間(ま)を感じることができるでしょうか?そんな事 …

多声(ポリフォニー)フレーズの練習法

多声(ポリフォニー)音楽とは、複数の声部が協和し合う(絡み合う)音楽。ピアノではバッハの作品がポリフォニーの代表のような存在ですが、うんとわかりやすく言うと、始まりは「カエルの歌」だろうし、少し発展(大きく)なれば中学生 …

subitoピアノ・piuピアノについて考えてみよう

ピアノ(p)とは、「弱く」という強弱記号ですね。でも「弱く」という意味は1つじゃないと思うの。弱くは「静かに」?「消えそうな音」? それとも悲しい時の感じかしら?具合が悪くなって動けない時のような感じ? 「ピアノ」の意味 …

シマノフスキ「変奏曲」Op.3

あなたはポーランドと言うと、何を思い浮かべますか?ポーランド出身の作曲家と言ったら?ショパン?それともモシュコフスキかしら? えぇ、そうですね。他にもポーランド出身の作曲家さんはいますが、今日はシマノフスキさんとその作品 …

オクターブを越えるアルペジオは二の腕を使うとラクに弾ける!

オクターブを超えるアルペジオを弾きにくい、なんかいつもうまく弾けない!と感じたことはありませんか? そうね、オクターブを超えるアルペジオって本当に弾きにくいし厄介だと思います。今日はそんなオクターブを超えるアルペジオの弾 …

明日がやってこなければいいって本当?

寝る前、明日がすぐにやってこなければいいのにと思ったことはありませんか?私はしょっちゅう!思います。あぁ、お願い、ぐっすり眠っている幸せな時間を、少しでも長く私に頂戴!ってね。 と思うけれど明日がやってこなかったら困りま …

無料メールマガジンのご案内

香港在住ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 荒井ピアノ教室(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.