正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!

心と体をラクにする演奏法、身に付けませんか?

お知らせ

2018年6月の東京レッスンご予約受付中

当ホームページをご覧くださり、興味をお持ちくださり、ありがとうございます。 2018年6月の東京でのレッスンのご予約受付を開始しております。 既にご予約で埋まってしまった日もございますが、土日並びに平日の日中でも、ご希望 …

チェンバロから考えるバッハ・ピアノ奏法の可能性〜 Vol.3 バッハ・装飾音の考え方 〜7月15日開催!

バッハの装飾音ってどう弾いたらいいの?どうやって入れたらいいの?全部弾かなきゃだめ?装飾音の記号もいっぱいあって、よくわかんない・・・って思ったことはありませんか? そんなあなたのお悩みを解決!バッハの装飾音の考え方を身 …

荒井千裕ピアノ・リサイタルのご案内(9月2日東京)

お陰様で、2018年も東京でピアノのリサイタルを開催させて頂く運びとなりました。 本日はそのピアノ・リサイタルについて、現時点で決まっていることをご案内致します。

新着記事

音楽の流れを生み出す方法とアルペジオの弾き方のコツ

アルペジオは流れるように弾きたいのに、何度練習してもボテボテ・・・何だかぎこちなくて音楽が流れているような気がしない・・・あなたはピアノの練習をしていて、そんな風に感じたことはありませんか? ピアノでアルペジオを弾くには …

今あなたに必要なのはどっち?どこに焦点を当てるのか決めよう!

広く浅く多くのことを知っておくことも、「一つのことを深く追求」していくことも、どちらも大事。 だけど、「広く浅く」いろんなことに触れた後は、その中の何か一つのことを深く追求していく事が必要になるだろう。 そんな時、あなた …

奇跡のピアニストが奏でる35の言葉

左手のピアニストとして日本を代表するピアニストの舘野泉先生。病で倒れ、右半身不随となっても左手のピアニストとして復帰し、今尚ピアニストとして世界中を飛び回っておられる。 悲観的に紹介されることが多いけれど、サブタイトルの …

バッハ・装飾音の考え方を身につけよう!

あなたがバッハの作品を弾く時、困ることはありませんか? バッハの世界は壮大で、様々な作品があり魅了されるものばかり。しかしいざ弾くとなると、多声音楽で声部が入り混じっていて弾きにくいとか、アーティキュレーションをどうした …

ピアニストの筋肉と奏法について理解できればもう辛い弾き方と別れられる!

日々のピアノ練習の中で、弾きにくいとか辛い、あるいは何度練習してもうまく弾けるようにならない、そんな風に感じることはたありませんか? 正しい体の使い方を知るのは難しいことではありません。正しい方法を理解して実践できればと …

自分自身の大掃除をして習慣を見直そう!

日々いろんな事が起こったり周りの人から影響を受けると、自分の習慣=毎日のスケジュールに変化が起こります。 良い変化は嬉しいもの。だけど、習慣を変えるのはそう簡単じゃないよね。だって、今までやっていなかった事を自分の毎日の …

オクターブ・トレモロを脱力して弾く方法

トリルやトレモロにうねるアルペジオが続くフレーズは、手や腕に力が溜まりやすくて疲れやすく弾きにくいと感じたことはありませんか? 「いや〜!手が辛い!しんどいんです!」そんな声を何度も聞きました。 こんなオクターブ・トレモ …

黒鍵白鍵が入り交じるフレーズで気を付ける事は何?跳躍のポイントは?

黒鍵と白鍵が入り交じるフレーズで弾きにくさを感じたことはありませんか? どうして弾きにくいのかしら?何か気を付けたら弾きやすくなるのかもしれません。そんな事を考えてみたことはありますか? 跳躍が続くフレーズが弾きにくいと …

やってみて初めてわかる事がある!だからやってみよう!

あなたは、やってみようと思っていることがある。それをどういうふうにやろうかな?と考えたかもしれません。 もしかしたら、考えているうちに(考えているだけで)不安になったり、壁にぶつかる現実が見えそうになって前へ進めなくなっ …

仕事が3倍早くなる超速記憶術はスゴかった

イマドキは、ネットで何でも情報を得られます。何かを学ぼうと思ったら、検索すればたくさんの情報源を見つける事ができる。 書籍も然り。本屋に行けば、読みたい本がたくさん目につくし、あれもこれも読みたくなっちゃいます。 しかし …

突然の強弱変化の付け方

ピアノ(p 弱く)からクレッシェンド(だんだん強く)の指示もなく突然フォルテ(f 強く)になったり、その逆でフォルテから突然ピアノになったりという強弱の変化は、一体どうやったらいいのでしょうか? 例えばこんな画像のような …

チェンバロから考えるバッハ・ピアノ奏法の可能性〜 Vol.3 バッハ・装飾音の考え方 〜7月15日開催!

バッハの装飾音ってどう弾いたらいいの?どうやって入れたらいいの?全部弾かなきゃだめ?装飾音の記号もいっぱいあって、よくわかんない・・・って思ったことはありませんか? そんなあなたのお悩みを解決!バッハの装飾音の考え方を身 …

シューマンの誕生日に寄せて

本日6月8日は、ドイツの作曲家ロベルト・シューマンの誕生日。私の大好きな作曲家、シューマンさまのお誕生日に敬意を持って、今日はシューマンの「子供の情景」という作品についてお話しますね。

ユニゾンで歌う方法*その2

ユニゾンのフレーズが繰り返される場合、あなたは何か感じたり意識したりするでしょうか?それとも「同じ事の繰り返し♪ラッキー♡」と思うでしょうか? 先日の「ユニゾンで歌う方法」の続きです。 ※ 「ユニゾン」とは、同じ旋律を違 …

まずは拍を正しく捉え、音価が速くなっても歌う事を忘れない

伸ばす音やタイが多かったり、少しテンポがゆっくりの曲を弾いていると、拍の感覚がわからなくなる事はありませんか? あれ?1拍の長さってこのくらいだったっけ?と。 今日はそんな「拍」のお話と、音の行方や音価についてお話します …

無料メールマガジンのご案内

香港在住ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 荒井ピアノ教室(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.