ピアノを習っていると、そのうち「ペダル」を踏む(使う)事になります。

ペダル、はて、どうやって踏むのかな?ピアノの弾き方は習っても、ペダルの踏み方までちゃんと習っているでしょうか?ペダルの踏み方も、いろいろあります。細かい事は(タイミング含め)先生に手取り足取り教えてもらうのがベストですが、自分でも練習するのに役に立つ本があります。

今日はそんなペダルの踏み方に役立つ書籍の紹介を致しますね。

ペダル・テクニック 基礎編 ピアノの美しい響きと表現のために

こちらは堀江真理子編著のものです。

このピアノのためのペダル・テクニックの本は、以下のように構成されています。

  • レガートペダルの練習
  • 非和声音を含む旋律でのペダルの練習
  • バスの動きを生かしたペダリングの練習
  • 浅く素早い動きのペダリングの練習
  • メロディを歌わせるためのペダルの練習
  • 曲想にあったペダルの踏み方
  • シフトペダルを使った音色作り

これらの他に、アップライト・ピアノでのペダルの構造や、ペダルの歴史などの説明もされています。また、アップライト・ピアノとグランド・ピアノでは写真や譜例をふんだんに用いてわかりやすく書かれているので、実践に活かせる本ですよ。

こちらの本には、続き(応用編)があります。

ペダル・テクニック 応用編 ピアノの美しい響きと表現のために

さすがに「応用編」。こちらは前者の本より、少し上級のペダル技術を学ぶ事になります。前者の本でピアノのペダル・テクニックの基礎を理解して身に付けたら、一歩先の「もっと美しい響きを得るために」「更に豊かな表現のために」、あなたの演奏に磨きをかけていきませんか?

  • 作品の時代や様式の違いによるペダルの踏み方
  • 作品の時代や様式の違いによるペダルの踏み方

そして、あまり使われる事のないグランドピアノの真ん中のソステヌート・ペダルの使い方についても学べますよ。

ちょっと、ペダルの踏み方に付いても知っておきたいな、とか、もう一度ピアノのペダルの踏み方を理解したいな、と思われたら、これらの本はとても参考になるのでオススメです!

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!
スポンサーリンク