言葉には「良い言葉」と「悪い言葉」があります。

あ、悪い言葉=汚い言葉、という意味ではありません。「悪い言葉」とは、その言葉を発してしまうと何だか気分が悪くなるような、周りの空気を落してしまうような、そんな言葉のことです。

思えば私は いろんな事がうまくいっていなかった時、「良い言葉」を使うどころか、敢えて選んで「悪い言葉」を発していたように思う。悪い言葉を発していると、負の連鎖が起こるの。今はよくわかるけれど、苦しい渦中にいた頃はそれに気づくことはできなかった。

今回、この本を手に取ったのは、目次にある言葉に目が止まったから。

「がんばってね」ではなく、「がんばってるね」

「がんばってね」ではなく、「がんばってるね」

「がんばってね」じゃなくて「がんばってるね」でしょって常日頃、痛感していました。

わたしたちは「がんばってね!」という言葉を、まるで挨拶のように簡単に言います。もちろん、応援しているから言うわけですが、でも言われる方は、既に「頑張ってる」わけですよ。これ以上、どんだけ頑張れと???(と、私が日頃思ってるのと全く同じ事が書かれています。)

「言霊(ことだま)」という言葉があります。言葉には魂が宿っていて、それは言ってしまうと現実になるということ。実際、私はそれを信じています。良いことを発すれば、良い方へ向かって行くし、ネガティブな事を言うと、どんどん悪い自己暗示にかかって本当に悪い状況に陥る。

経験して知っている事なので、いつも、本番前は「良いこと」しか発しないようにしています。これを置き換えるなら…

晴れている日なら、「今日はお天気が良くて気持ちいいね」と言えるのに、雨が降ってしまうと「あぁあ、雨でイヤだなぁ…」と、つい言いがちですよね。でも、雨は「恵の雨」。雨が降れば植物が喜びます。大地が潤います。

この本では「良い言葉」のことを「天国言葉」、そして「悪い言葉」のことを「地獄言葉」と表現しています。

「ついてる」と言う人は、ついてる人

「ついてる」と口にしていると、どんどんいい事が起きるけれど「ついていない」と言っていると、ついている人からは嫌われる。例として、

入社面接で「あなたは運がいい、ついてると思いますか?」という質問をした会社があった。

受かったのは、元気よく「ついています!」と答えた人。

会社側としては、ついていない人を入社しさせたら、会社までついてなくなっちゃってイヤだな、と思うから。

また、パナソニックの創業者、松下幸之助さんの例をあげています。以下のものです。

有る時、松下幸之助さんが舷(ふなばた)に腰掛けて夕日を眺めていた所、そばを通りかかった船員が足を滑らせた。
思わず松下幸之助さんにしがみついたため、二人一緒に海に落ちてしまった。

近くにいた船はかなり先まで行ってしまったが、途中で気づいて引き返して来た。
その時、松下さんは
「まったく酷い目に遭ったよ」とは言わず、
「船がすぐに気づいて戻って来てくれて、本当についてる!」
「冬でなくて真夏で良かった!ついてる!」
と言われたそう。

ついてる!ついてる!と言っていると、本当に「ツキ」がやってくる。いつも「ついてる」ことばかりになるんだよ。

「おいしい」と言って食べると「おいしい料理」

これも、そう思いますね。家族揃ってのご飯でも、無言で、あるいは話はしていても、ご飯が美味しいとか味の事とかに触れずに食べていると、ぜんっぜん!美味しくない。なんだか、栄養摂取のためだけに食べている、という気になる。

そして作っていた私としては、家族が美味しいとも何とも言ってくれないと、作る事そのものまでがイヤになってしまったものです。

最近では、「人様と一緒に」ご飯を食べることが稀なため、嬉しさから「美味しいね~!」と、以前よりよく言うようになりました。「美味しいね!」と言えば、相手もたいていは「おいしいね」と返してくれる。そうじゃなくても「うーん、ボクにはちょっとしょっぱいな」とか何かが返って来る。

コミュニケーションが取れると、嬉しいから、ご飯も美味しくなる。折角手間ひまかけて、愛情注いで作ったご飯なのだから、美味しく食べようよ!と思う。外食でもそうだよね。せっかく時間を作って、お金かけて食べに行くのだから、美味しく頂きたいもの。

スポンサーリンク

自分が大好き!と言えますか?

私は、言えます。でもね、15年前までの私は、これを言えませんでした。自分の欠点しか挙げられなかった。とにかく自分自身が嫌いだった。

でも、それ以降(何故好きになれたかは今は割愛しますが)自分を好きになれたら、どんどん良いことが起きた。毎日が楽しい!

これはね、もったいないですよ、ほんと。自分を好きになれないとか、自信を持てないという人は少なくないと思うのだけど、是非、好きになってあげて欲しいです。これってね、言葉の力は本当に大きいので、今、どうしても自信がなくても、好きじゃなくても「私は自分が好き」と言うようにしたらいいと思います。

この書にも書かれていますが、たとえば電車でお年寄りの方に席を譲る、なんてことがあると思います。そしたら「良いことができた私、いいね。そういう私は好きかも♪」と思えるでしょう?小さな事で、いいんです。

上司の小言を受けるときは「滝修行に行って来る」

上司ではなくてもいいと思いますが、あなたの周りに、イヤだけどどうしても付き合わなければいけない人って、一人くらいいませんか?

「イヤな事」があっても、それを真っ向から受け止めないことが何より大事です。何しろ

悔しくて悔しくて、夜寝られないほどでも、それを言った本人は、ぐうぐう寝てるのだ。だから、まともに受けるだけ損なのです。上司(或はイヤだと思ってる人)に呼ばれたら
「滝修行に行ってこよう」と思ってみましょう。

「何度言ったらわかるんだ」というのが上司の口癖なら、「何回言うか」数えてみましょう。
ガミガミと滝が落ちて来たら、
「私のためにご注意くださって本当にありがとうございます。感謝します」と言ってみましょう。
とても大きな傘になるはずです。

「何回言うか数えてみる」って、なんか良いですね(笑)。

何かあったら一歩前に

また、このようにも書かれています。何かがあったら一歩前へ!

真剣勝負で「斬られる!」と思ったとき、生き残れる方法が一つだけある。
それは、一歩前に出て相手の懐に飛び込んだ時。
相手は刀が抜けなくなってしまうから。

何でも同じ。何かあったら一歩前へ。

舛岡はなゑ著「斎藤一人 幸せをよぶ魔法の言葉」、200ページほどの文庫本で、すぐ読めます。
そしてすぐに実行できる事から、ちょっと勇気のいる事もありますが、これを知っていてやるかやらないか(言うか言わないか)だけで人生が百倍楽しく幸せになるかの違いが出るなら、やった方がいい。知っておいた方がいいですよ。

興味のある方はどうぞ♪

チェンバロから考えるバッハ講座Vol.3 装飾音の考え方〜講座のご案内

ベルギー在住鍵盤楽器奏者の末次克史先生による「チェンバロから考えるバッハ・ピアノ奏法の可能性〜Vol.3 バッハ・装飾音の考え方〜」ワークショップのご案内です。

2018年7月15日(日)13時〜

東京都杉並区のスタジオ・ピオティータさんにて

講座参加費:5,000円

ピアノとチェンバロを使ってのワークショップです。

詳細はこちらのページをご覧ください。お問合せ・ご予約はわたくし荒井がメールで承っております。

chihirohk@gmail.com

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!
スポンサーリンク