ピアノをやっているあなたも、他の楽器をやっているかもしれないあなたも、もしあなたの音楽力をもっと上げられるよ、と言われたらどうしますか?とりあえず、ハナシ聞いとこう!って思います?

もしそう感じるなら、ちょっと読んでみたらいい本をご紹介。

音楽力まる17の「なに?」だれも教えてくれなかった音楽のヒミツという本のご紹介です。何気なく買った本ですが、意外に面白かったのでシェア!

音楽力が高まる17の「なに?」の目次

  • オーケストラってなに?
  • コンサートってなに?
  • 才能ってなに?
  • 古楽ってなに?
  • 聴くってなに?
  • 演奏ってなに?
  • 呼吸ってなに?
  • 指揮者ってなに?
  • ピアノってなに?
  • 旋律(メロディー)ってなに?
  • 調性感ってなに?
  • 弟子ってなに?
  • 留学ってなに?
  • 練習曲(エチュード)ってなに?
  • テクニックってなに?
  • 練習ってなに?
  • 音大ってなに?

それぞれのことを知っている方なら、イマサラと思うかもしれません。けれど、これは著書の大嶋氏の語り口・切り口も面白い。この本がどう役立つとかじゃなくて、私が読んで面白かったことを少しご紹介します。

オーボエの天敵って?

この「音楽力が高まる17のなに?」の筆者である大嶋氏によると

宇宙の中心に座っていると自負するオーボエにとって、それ以上に目立つフルートは天敵かもしれない。

フルートはその華麗なソロを邪魔するクラリネットに「あっちに行け」と思うこともしばしばだ。

そのクラリネットは、頭を直撃するトランペットの暴力に殺意を抱いているかもしれない。

(中略)

音の上では理想社会にみえるオーケストラも楽器(人間?)関係は、現実社会以上に複雑だ。

オーケストラを聴きに行った時は、その人間模様も眺めてほしい。熱演がよりいっそう身近に感じられるはずだ。

これはこの本の割と始めの方に書かれているのだけれど、この一文を読んで思わず笑ってしまった。私はオーボエもクラリネットも、吹奏楽で経験があるので、共感で思わずプププ!と。

スポンサーリンク

コンサートでお得なことって何?

「クラシックコンサートにおける正しい休憩時間の過ごし方」として、大嶋氏は自身のトーク・コンサートではもれなく語る、という話を紹介。一部引用させて頂きます。

休憩時間は必ずロビーに出るのがマナーです。

そこには出演者のCDが山ほど置いてあるかもしれません。見つけたら手に取って財布を出しましょう。演奏家を家に連れて帰るより、CDを持って帰る方がはるかに安上がりで、オトクです。

ぎゃ、ぎゃははは!もちろん、生の演奏を堪能しないでCDを聴いていなさい!と言っているわけではありません。そして、出演者のCDを買って帰るのがマストだと言っているわけでもないのです。

現代の、敷居の高いと(多分、一般の方々に)感じさせているハードルを下げるトークを展開しておられる。(上の引用はごく一部です)

犬連れ禁止!とは?

バッハの時代もモーツァルトやベートーヴェンの時代も、コンサートは社交場であり、静かに演奏を聴きましょう、というものではありませんでした。

あなたも一度は見たことがあるかもしれないものに、リストの演奏会の絵があるのではないでしょうか?リストが身振り大きくピアノを弾いているところに女性聴衆たちが群がって熱狂している絵を。それはまるでアイドルのコンサートのよう。でも、現代のクラシック・コンサートではなかなかお目にかかれませんよね、演奏中にキャーキャー言ってしまうアイドルのコンサートのようなものは。

そして、あるコンサート協会の規則には「犬連れ禁止」というのまであったというのです。ということは?犬を連れて行けるコンサートが普通だったのかもしれない、と大嶋氏。時代が変われば変わるものですね。

他、「ソナタ形式の成立」についてや、「多作だったハイドンが考えついたとんでもないこと」、「フランス革命で変わった音楽」についての話など、実に面白い話題が盛りだくさん!

興味のある方はお近くの書店で見つけたら手に取ってみてください。

 

 

あなたの音楽力を上げる17の疑問とは?のまとめ

  • あなたの音楽力を上げる17の疑問とは、あなたの思い込みを払拭するもの
  • オーボエの天敵?オーケストラはそれぞれの人間関係も面白い!
  • コンサートに行ったら、演奏を聴く以外の事にも目を向けるともっとお得に楽しめる!
  • 犬連れ禁止!と提示しているコンサートがあるということは、犬連れOKのコンサートがあった!?

あなたの常識は他の人にとっては非常識かもしれません。もしかしたら常識なんてただの思いこみでしかないかもしれない。だから頭を柔軟に。もし少しの時間があるなら、本を読もう!知識は無駄にはならないよ。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!
スポンサーリンク